SoftBankおよびY!mobileのSIMロック解除の受付条件が順次変更!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は19日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」においてSIMロック解除の受付条件を2017年8月1日(火)より一部変更するとお知らせしています。

どちらのサービスでも2017年8月1日(火)より分割払いで機種を購入した場合に機種購入日から101日目以降より手続きが可能になるほか、2017年12月1日(金)からは一括払いで機種を購入した場合に一括払いの支払確認後より手続きが可能になります。

さらにNTTドコモやauと同様に2017年12月1日(金)から過去に対象回線でSIMロック解除を行ったことがあり、かつ前回のSIMロック解除受付日から101日目以降である場合は機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きができるようになります。

変更内容については以下の通り。対象機種は2015年5月以降に発売された機種で、対象機種を2017年7月31日(月)以前に購入した場合ついても変更後の受付条件が適用されます。

これらの変更は総務省が今年1月に「SIMロック解除の円滑な実施に関するガイドライン」および「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」の内容を改正して新たに「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」として策定した内容に沿ったものとなります。

そのため、NTTドコモやauでも同じような変更が案内されており、SoftBankやY!mobileでもauと同じように契約回線で過去にSIMロック解除を行っている場合や中古購入した機種のSIMロック解除不可についてはNTTドコモと歩調を合わせたといったところとなっています。

対象ケース変更後受付条件変更実施日
分割払いで機種を購入した場合※1機種購入日から101日目以降より手続きが可能※22017年8月1日(火)
一括払いで機種を購入した場合※1※3一括払いの支払確認後より手続きが可能※42017年12月1日(金)
※ ソフトバンクおよびウィルコム沖縄の回線契約を解約済みの場合は、解約後90日以内にSIMロック解除の手続きが可能です。ただし、分割支払いで機種を購入した場合は機種購入日から101日以上経過している必要があります。
※1 契約者本人の購入履歴がある場合のみ申し込みできます。
※2 過去に対象回線でSIMロック解除を行ったことがあり、かつ前回のSIMロック解除受付日から101日目以降である場合は、機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。この手続きは2017年12月1日(金)から開始します。
※3 機種代金の分割払いの残債を全て精算された場合も含みますが、そのお支払いを確認できるまでの間は手続きが行えません。また機種代金を一括払いされた場合であっても一括購入割引など(購入機種の継続利用および適用条件の継続契約を条件として、毎月の合計金額を割り引くサービス)が適用されている機種については、機種購入日から100日以内の場合はSIMロック解除の手続きが行えません。
※4 2017年8月1日(火)から2017年11月30日(木)までの期間は、機種購入日から101日目以降より手続きが可能です。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・SIMロック解除 関連記事一覧 - S-MAX
・SIMロック解除の一部受付条件変更のご案内 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク
・SIMロック解除の一部受付条件変更のご案内 | ワイモバイル(Y!mobile)