USJに登場した神木隆之介、山崎賢人、小松菜奈

写真拡大

8月4日公開の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』に出演する山崎賢人、神木隆之介、小松菜奈が19日、大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにサプライズで登場した。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、6月30日より開催中の期間限定イベント『ユニバーサル・ジャンプ・サマー』に、最新アトラクションとして『ジョジョの奇妙な冒険・ザ・リアル 4-D -DIOの世界-』が登場。原作第三部を舞台に、承太郎と宿敵・DIOのスタンド同士が繰り広げる迫力のハイスピードバトルを体感することができる。

3人は『ジョジョの奇妙な冒険・ザ・リアル 4-D -DIOの世界-』を楽しみに待つ約200人の招待客の前にサプライズで登場。今年で30周年を迎え、アトラクションや映画で注目を集めるジョジョの魅力や、映画の撮影秘話などを語り合った。

その後、招待客と一緒にアトラクションを体験。山崎は「スゲーーー! ジョジョ世界初の4-Dアトラクションと聞いて楽しみにしていましたが、大・ 大・大満足です!もう1回見たい!ジョジョ好きにはたまらない体験だと思います」と大興奮。
神木は「マンガで見てた脳内イメージどおりの滑らかな動きとスピード感がたっぷりでめちゃくちゃ楽しかったです」と語り、小松は「血しぶきとかが飛んでくる演出とか、すご過ぎて思わず笑ってしまいました。映像もとてもきれいで、映画とはまた違ったジョジョの世界を味わうことができました」と、思い思いにアトラクションを満喫したようだった。

イベントの最後には、会場にいる全員で「この夏、ジョジョがアツい!」の掛け声とともに、ジョジョのスタンドが背景に浮かびあがると、原作「ジョジョの奇妙な冒険」の象徴的な擬音語が掲げられ、シアター内に降り注ぐ紙テープとともに、この日一番の熱気で包まれた。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

■山崎賢人(東方 仗助役)コメント

スゲーーー! ジョジョ世界初の4-Dアトラクションと聞いて楽しみにしていましたが、大・ 大・大満足です!もう1回見たい!ジョジョ好きにはたまらない体験だと思います。
今年はジョジョ原作30周年という記念すべき年。撮影の現場にはスタンドがいない想像の中でやっていたので大変でしたが、アトラクションのように体感できる映画なので、この夏は映画、アトラクションと2つのジョジョの世界を楽しんでいただきたいですね。グレートだぜっ!

■神木隆之介(広瀬 康一役)コメント

マンガで見てた脳内イメージどおりの滑らかな動きとスピード感がたっぷりでめちゃくちゃ楽しかったです。CGっぽくないというか、すごく質量を感じるアトラクションで、パンチ1発が重く体感できました。光とか振動の仕掛けもあって、ワクワクドキドキして、新しい世界に出会えた感覚です。
私が映画で演じた登場人物の広瀬康一は、スタンドが見えないので、観客と同じ目線でスタンドに驚いたりしたりして、(アトラクションのように)一緒に驚きながら楽しんで欲しいです。」

■小松菜奈(山岸 由花子役)コメント

映画でスペインまで撮影に行ったとき、サグラダファミリアなど、美術が素晴らしくて感動した。ジョジョは芸術性が高く、そんな観点からも楽しめるのも作品の魅力のひとつ。(アトラクション体験中は)私だけがスゴく笑ってて(笑) 血しぶきとかが飛んでくる演出とか、すご過ぎて思わず笑ってしまいました。映像もとてもきれいで、映画とはまた違ったジョジョの世界を味わうことができました。

>>元記事で写真をもっと見る