アデバヨールが家族に激怒、「レアル退団は彼らのせい」

写真拡大

『BBC』は17日、「トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールは、レアル・マドリーから放出されたのは家族のせいだと批判した」と報じた。

かつてアーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーなどでプレーしたアデバヨール。現在はトルコのイスタンブールBBに所属する。

彼は2011年にシティからのローンでレアル・マドリーに移籍したが、買い取られることなく返却されている。

その理由はなんと家族からの手紙が一因だったとのこと。アデバヨールは以下のように話し、もはや親族とは連絡をとっていないと明かした。

エマニュエル・アデバヨール

「レアル・マドリーに残るために全力を尽くしたが、亡くなった兄弟のせいでそこに留まることが出来なかったんだ。

彼はクラブに手紙を送ったんだ。家族からのものだとしてね。アデバヨールを残すべきではないと。

だからレアル・マドリーが僕を残さなかったとは言わないよ。しかし、それは原因のひとつになった可能性がある。例え10%であってもね。それは大きい。

今、僕は違った人間になった。あの母が、変わるチャンスを与えてくれたってことだ。彼女に十分な感謝や敬意を持つことは、もはや不可能になっている。

僕は今や家族と話すことはない。彼らは、僕が正しい仕事をするための助けにならないからだ。

彼らが何を頼んできても知ったことではない。僕自身に気を使うべきだ。僕のカネにではなくね。

血は水より濃いものだが、なぜ彼らは僕を気にしないんだ?カネだけを気にするんだ?

問題はぶら下がっている。しかし僕は幸せだ。何があろうといつだって幸せだ」

アデバヨールは以前から家族との関係が悪いことを明かしており、かつては「呪術をかけるな」と母を批判していた。