ワインを飲んだ気分になれる珈琲

写真拡大

珈琲好きのソムリエが経営する飲食店「珈琲とワインのある暮らし25(ヴァンサンク)」が、お店ならではのユニークな珈琲のブレンド「白ワインブレンド」「赤ワインブレンド」の販売を開始した。

同店はソムリエの資格を持つオーナーが「珈琲とワインのある暮らし」をコンセプトに、選び抜いた自然派ワインや手回し焙煎の珈琲、自家製惣菜(ベーコンやロースハム等)を提供している。

そんな同店が新たに提供するのが、「ワインを表現した珈琲のブレンド」だ。アルコールが苦手な方、運転前などアルコールが飲めない方に、気軽にワインのリッチで豊かな気分を味わってもらいたいとの想いから商品開発を行った。

ブレンド・焙煎はあえて自身で行わず、静岡に拠点を置くロースター、IFNi ROASTING&CO.の松葉氏に依頼。赤・白2本の自然派ワインを松葉氏に試飲してもらい、3台の焙煎機を用いた同社独自の技術で、ワインの甘味や酸味を珈琲のブレンドで表現した。

「赤ワインブレンド」は、豊かな甘みとコクが特徴。アイスコーヒーにすると、よりワインのような果実感が味わえる。休日やドライブなど開放的な気分を味わいたいときにオススメだという。

「白ワインブレンド」は、白ワインのような透明感のある口当たりと余韻が特徴。朝や仕事中などすっきり、爽快な気分になりたいときに最適だという。

「他の珈琲にはないワインのような口当たり、透明感、香りをコーヒーで表現しました。珈琲とワインを軸に日々の暮らしを楽しむきっかけを作り出せたら」と同店。お店でドリップコーヒー(432円)を飲食メニューとして提供するほか、店頭・インターネットで豆の販売(100g・1,080円)を行っている。

なお、教えて!gooウォッチでは「水出しとドリップ、どっちのアイスコーヒーがおいしいの?」ということで、これからの季節に飲みたくなるアイスコーヒーを美味しく飲む方法を紹介しているので、併せてチェックしてほしい。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)