女性がアプローチしているつもりでも、男性からしたら「ハマってないな」「嫌われてるのかな」とすれ違うことはたくさんあります。好きだからこそ、もじもじしてしまい、うまく好意が伝わらない。それでは永遠に、好きな人と付き合うことができません。 今回は、男性が「おれは恋愛対象外なんだろうな」と感じる瞬間3選をご紹介したいと思います。

文・白武ときお

【みんなの恋テク】

男性が「おれは恋愛対象外なんだろうな」と感じる瞬間

1.自分の話をしない

「自分のことをあんまり話してくれない女の子は、おれに興味ないんだろうなって思う。アピールする価値がないのかなって」(28歳・建築)

好きな男性に対して、緊張してうまく話せない。しかし、男性からすると「会話がはずまないな」「おれに自分の話をしてもしょうがないと思ってるかも」なんて、思ってしまいます。もじもじせずに、心を開いて自分のことを知ってもらうほうが良いです。

2.チャラいか疑ってくる

「おれのことチャラそうとか遊んでそうって疑ってくる子は、基本的にハマってないだろうなって。誠実さで信頼されてないと、詰んでると思う」(27歳・IT)

男性は自分のことをチャラい、遊んでいそう、浮気しそうなどとマイナスイメージを持たれている女性に対して、「この子を口説くのは無理だな」と思ってしまいます。汚名を返上するよりも、悪いイメージを持たれていない子に行ってしまいがちです。本当は好きだから、誠実かどうか知りたいのに、彼の気持ちは逃げてしまう。チャンスを逃さないように、誠実さチェックは慎重に行いましょう。

3.「みんなで行きましょ!」

「女の子とご飯とか遊ぼうとしたときに、他のひとも呼ぶみたいな流れになると、自分と2人はきついんだなって思う。恋愛対象外ですって言われた気持ちになる」(28歳・飲食)

ご飯や遊びの誘いのときに、いきなり2人だけで会って緊張するし、失敗するのが怖いからと、他の人を呼びたい気持ちはわかります。しかし、男性からすると遠回しに「恋愛対象外です!」と言われた気分になります。なので、気になる男性と会うときは、あっちが提案してこない限り、2人で会うほうが成功率は高まります。

男性は無理だと察したらすぐ諦める傾向です

男性は振られるのが大嫌いな生き物です。少しでも恋愛対象外にされていると感じたら、その時点で諦めてしまうことは多いです。男性の気持ちにブレーキをかけないよう、スムーズにデートを繰り返していくことを心がけましょう!

(C) hjalmeida/Gettyimages(C) PeopleImages/Gettyimages