『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』

写真拡大

世界中で大ヒットしており、7月17日(月・祝)より最新シーズンが日米完全同時放送でスタートした大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』。その最新シーズン初回の視聴者数が新記録を樹立したことが明らかになった。

米HBOにて放送されたこのエピソードは、アメリカで視聴者数1000万人を突破(1010万人)。また、録画視聴とストリーミング視聴、再放送を合計すると、なんと1610万人とHBO史上最高の数字に。前シーズンの第六章プレミア初回放送がストリーミングなどを含めても1070万人だったため、前年比1.5倍は飛躍的な数字と言える。録画していてまだ見ていない視聴者もいると推測されることから、今後も視聴者数は増えていくことが予想される。

なお、各章の第1話の視聴者数は、第一章が222万人、第二章は386万人、第三章は437万人といった風に年々増え続けてきた。この第七章のオンエアは、製作の遅れにより第六章の放送終了から1年以上が経っており、ファンの期待もいっそう高まっていたということかもしれない。

第七章の全7話のうち、1時間を超えるエピソードが3話あることはすでに伝えられているが、その先に待ち受ける最終章(第八章)に至っては各話が映画並みの長さになる可能性も。放送史上最長となる82分の最終章を含む第七章に続き、最終章にあたる第八章は全6話と、10話ずつだった過去シーズンよりも少ない話数になるが、最終章は全体で8〜9時間程度の長さになるようで、話数は少なくとも長さとしては以前と同じくらいになるようだ。

ますますスケールアップしていく大人気シリーズの最新シーズン『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』は、スターチャンネルにて毎週月曜10:00より放送中。(海外ドラマNAVI)