声優にまたしても“文春砲”が炸裂した。「週刊文春」(文藝春秋)のウェブメディア「文春オンライン」は19日、「“日本一忙しい声優”浪川大輔に不倫疑惑を直撃」と題した記事を公開し、声優の浪川大輔が自身が経営する個人事務所の契約社員と長年にわたって不倫関係にあったことを伝えた。それを受け、浪川は所属事務所のオフィシャルサイトを通じて謝罪している。

 浪川は初めに「この度は私事にてお騒がせいたしまして、誠に申し訳ございません。関係各社の皆さま、日ごろわたくしを支えて下さるファンの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心より深く、深くお詫び申しあげます」と謝罪。その後、不倫報道については触れず「この様な事態になってしまったことは、わたくし自身も困惑しておりますが、皆様方からの信頼回復に向けて、今後もより一層精進してまいりますので、引き続きご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます」とつづった。

 浪川といえば、アニメ『ルパン三世』石川五右衛門役をはじめ、近年でも多くのアニメ作品に出演している他、映画『スター・ウォーズ』アナキン・スカイウォーカーの吹き替えなどでも知られる。