ソン・ヘギョがソン・ジュンギに見せた愛…「軍艦島」監督がエピソード公開

写真拡大 (全2枚)

映画監督リュ・スンワンが女優のソン・ヘギョへ感謝の気持ちを表した。

リュ・スンワン監督は19日午後、ソウル・CGV龍山(ヨンサン) 店で行われた映画「軍艦島」のマスコミ向け試写会で「ソン・ジュンギがこの作品で軍人役を務めたが、ドラマ『太陽の末裔』の撮影前だった。だから“特戦司令部大尉ユ・シジン”の姿はこの映画の撮影時では確認できていない状況だった」と、キャスティングの裏話を明かした。

また「当時、ソン・ジュンギの最新作は『私のオオカミ少年』だった。映画を観て、この俳優が持つ顔がただ明るいものだけではないと思った。自身だけの気品があるんだと。ソン・ジュンギという俳優は、基本的に持っている気品や世界観がしっかりしている。私の目からは、そんな本人の魅力が出てパク・ムヨンというキャラクターがきちんと表れたんじゃないかと思う」と話した。

そしてソン・ジュンギの婚約者であるソン・ヘギョが「thanks to」リストに上がったことに対し「ソン・ヘギョさんが撮影現場にコーヒーカーを送ってくれた。僕たちはごちそうしてくださった人の名前をThanks toにあげるんだ(笑) ありがたい方だ」と伝えた。

リュ・スンワン監督はこれまで「ベテラン」「ベルリンファイル」「生き残るための3つの取引」「相棒 〜シティ・オブ・バイオレンス〜」などを演出している。

「軍艦島」は韓国で26日水曜日に公開される。