左からジョシュ・ブローリン、クリス・ヘムズワース、ロバート・ダウニーJr.

写真拡大

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクらマーベル・スタジオ作品の主人公たちが集結する『アベンジャーズ』シリーズ最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。この映画の豪華スタッフ&キャスト陣が、現地時間7月15日にアナハイム・コンベンション・センターで開催されたディズニーの祭典“D23 Expo”に揃って登場した。

アベンジャーズ最大の危機にソーはいったい何してた?

本作では彼らに加えて、銀河を救う“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”や、新ヒーロー“ブラックパンサー”、さらにあのスパイダーマンやドクター・ストレンジの参戦も決定。史上空前のスケールで、“最強たち”の究極の戦いの幕が開く。

激戦を勝ち抜いた約7500人の観客が会場に詰めかける中、最初に登場したのはマーベル・スタジオのトップであるケヴィン・ファイギ。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は今年から撮影開始し現在もアトランタで撮影中、昨日(7月15日)で全体の半分の撮影を終えたことを報告した。

その後、本作最強の敵サノスを演じるジョシュ・ブローリンが登場。ブローリンの呼び込みにより、サノスに立ち向かうアベンジャーズのメンバーを演じる出演者残り14名のゲストが次々に舞台に現れ、最後には監督のジョー・ルッソが登場し、客席からは割れんばかりの拍手と歓声が上がった。

登壇したのは、ロバート・ダウニーJr.(アイアンマン役)、クリス・ヘムズワース(ソー役)、マーク・ラファロ(ハルク役)、ドン・チードル(ウォーマシン役)、エリザベス・ オルセン(スカーレット・ウィッチ役)、ポール・ ベタニー(ヴィジョン役)、セバスチャン・スタン(ウィンター・ソルジャー役)、アンソニー・マッキー(ファルコン役)というお馴染みの顔ぶれに加え、デイヴ・バウティスタ(ドラックス役)、カレン・ギラン(ネビュラ役)、ポム・クレメンティーフ(マンティス役)という『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーも。さらに、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ役)、トム・ホランド(スパイダーマン役)、チャドウィック・ボーズマン(ブラックパンサー役)と、もはや“奇跡”といえるほどの豪華キャスト陣。

その後はダウニーJr.とブローリンがファイティングポーズを取ってじゃれ合うなど、終始息の合ったトークで会場を楽しませたほか、なんとサプライズで『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の映像の一部が世界で初披露された。

予想だにしていなかった演出に観客は絶叫! 次々に現れるヒーローたちに割れんばかりの歓声が上がり、スタンディング状態でまるで白熱したスポーツ観戦のような賑わいぶり。映像では、最強の敵サノスを前に絶望的な危機に追い込まれるアイアンマンをはじめとするアベンジャーズたちの姿が。そして、スパイダーマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、ブラックパンサー、ドクター・ストレンジなど大人気ヒーローたちが次々と現れ、強大な敵に立ち向かう様子を目の当たりにし、会場のボルテージは最高潮に!

「今までの全キャラクターが登場する」とファイギは語っており、空前絶後のスケールで描かれる物語への期待感に、映像上映後も歓声が止まないまま華やかに幕を閉じた。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国公開となる。