_02A0213.jpg

写真拡大 (全17枚)

現役女子高生ボーカルダンスグループJ☆Dee'Zが7月19日に『Melody』を発売! メンバーが初めて挑戦した制服姿のMVがすでに話題となっています。メンバーのMOMOKAさんは来年の3月に高校卒業を予定しており、今年はメンバー全員が高校生という貴重な1年。常に真摯にそして、全力で歌やダンスに打ち込んでいる彼女たちに新曲のことはもちろん、今回は現役女子高生(以下、JK)として感じていること、高校生活のこと、そしてファンに伝えたい気持ちなど、等身大の顔も覗いてみました。

(左からNono、ami、MOMOKA)

──前回は2月にNYで撮影した『Answer』のお話をお聞かせいただいたのですが、読者のみなさんから「学校も勉強も頑張ろう!」とコメント頂き、大変反響がありました。
amiさん(以下、ami) 本当ですか! うれしい!

──今回もぜひ楽しいお話をお伺い出来ればと思っています! 早速7月19日発売の『Melody』についてお聞きしたいと思いますが、今回はどのような曲になりましたか?
Nonoさん(以下、Nono) 私たちも日々生活や音楽活動をしていて、「辛いこと」や「壁にぶち当たる」ことって沢山あるんですけど、その時に音楽に助けられることがたくさんあって。

今回の曲は、そんな時に寄り添ってくれる音楽。そして、自分が大人になってもう一度この曲を聞いた時に、今の自分の記憶が蘇る1曲。そんな曲になったらいいなと思いながら歌いました。

ami そうですね。この曲は題名にもある通り、音楽って記憶と連動しているんだなって思っていて、この曲を聞いたら、懐かしい場所に戻れる。「あんなことをしたな。あんな感情になったな」って感じてもらえる曲かなって思っています。
音楽がきっかけで色んなことを思い出すことって、誰もがあると思うんですけど、私たちも今は全員高校生だけど、出会った時は小学生で、今あの頃踊ってた曲とかを聴くと「本当にガムシャラにダンス頑張ってたな」とか、「今こうやってメジャーデビューするとは思っていなかったな」とか、曲を通していろんな記憶がよみがえるんです。そういったことがこの歌のテーマになっています。

MOMOKAさん(以下、MOMOKA) 今amiが言った「記憶がよみがえる」ですが、『Melody』がそのきっかけになってくれればいいなと思っています。私たちのライブに来てくださったら「『Melody』を思い出すね」って、一つ一つのきっかけに『Melody』が繋がってくれたらいいなって思います。

──MVも拝見させて頂いたんですけど、制服姿が本当にかわいくって!
全員 本当ですか! うれしい!

MOMOKA 一応現役なんで(笑)

──そうですよね! Nonoさんが1年生、amiさんが2年生、MOMOKAさんが3年生ですよね。
ami そうなんですよ。私たちがMVで制服を着たのは初めてで。

──すごく新鮮で! いつもしっかりされているから、「あっ、本当に高校生なんだな」って思いました(笑)
ami 私たちもお互い変な感じがしたんですよ(笑)

MOMOKA 私たちからしたら普通のことなんですけど、表に出る時は衣装を着ることが多いので、「あ、珍しい」って思うかもしれないです。それに、制服であんなにゴリゴリに踊ることもなくって、新鮮でした(笑)

──そうなんです! 結構本気モードのダンスですよね(笑)
MOMOKA ローファーで踊ることも初めてだし。

ami なのに全力で、いつも通りのダンスを(笑)



──「見えるんじゃないか」ってくらい、スカートが舞ってましたよね(笑)
全員 (笑)

ami 下手したらもう全開の時とかもあるから(笑)

MOMOKA MVの編集の時に隠そうとしてくれたらしいんですけど、「キリがないから止めた」って言われました(笑)

──YouTubeにすでに動画が上がっていて、ファンの皆さんから「歌唱力が高い」とか、「神曲きたー!」とかコメントが届いて、反響がすごいですね。
全員 すごくうれしいです!

ami なんでここまでうれしいと思うのかと言うと、今まで以上にレコーディングに時間をかけたんですよ。本当に何回も何回もやったし、やっていくごとに「もっとここの歌詞の語尾をこうしたらいいんじゃないか」とか、「聞きやすいテンポはどれくらいかな」とか相談して。

私たちの歌に対する想いはもちろんなんですけど、技術的なことでも、色んな人がたくさんの時間を使って作っていて、今回立ち会ってその大変さを知ったから、その分「この曲好き」って言ってもらえると、「頑張ってよかったな」って思います。



ファンからも「神曲」と呼び声が高い『Melody』はこちら

──歌声がストレートに入ってきますよね。青春を思い出すというか。
MOMOKA ライブでファンのみなさんに披露したんですけど、「懐かしい気分になる」と言ってもらえることが多くて、「懐かしいのか」って思います! 自分たちからしたら、今歌っているからそんなに懐かしさは感じないんですけど、『Melody』のテーマなので、それもうれしかったです。

──そうなんですよ! 忘れてた気持ちを思い出すというか(笑)
ami 忘れないで!(笑)



制服を着た『Melody』は等身大の自分。聴く人の記憶と繋がり、いつか「懐かしい」と思う曲になってほしい

──前回の『Answer』では、「苦しみ」とか「葛藤」を感じたんですが、今回はすごくナチュラルで、本当に「今を楽しんでる」というのが伝わってきたんですが、みなさんの学校生活がそのまま出ている感じですか?
ami そうですね。確かに。

MOMOKA リアリティーのある歌詞が多いので、私生活や学校生活に置き換えて考えたりもしています。

ami 『Melody』は本当にありのままというか。MVを撮るときって「ちょっと可愛くみられたい」とか、「かっこよくみられたいな」と思うことがあるんですけど、今回はそういうのが本当になくて。

私たち自身もみんなで輪になって踊っているから楽しい。だから笑ってる。最初のみんなでピアノを囲みながら歌っているシーンも、本当に「気持ちいいな」って思ったから目を合わせるし。心で思ったことが表情や行動に出て映っているからこそ、等身大のMVになっているなって思います。

──田舎道もいいですよね。
MOMOKA 空気も気持ちよかったしね。

ami 新潟で撮影したんですけど、生憎の雨で。

Nono 降ったり止んだりを繰り返してて。

MOMOKA 傘をさすシーンとか最初は無かったんですけど、リアルに降ってきたからさして(笑)

Nono 逆に雨の駅のシーンとかはすごく晴れてくれて。

ami 天気も含めて「すべて自然だな」って思いました(笑)

──田舎がまた青春を彷彿させるというか。現役なんですが、みなさんにとって「青春」って何ですか?
全員 何だろう?

Nono 『Melody』をレコーディングする時にみんなで話してたんですけど、「青春」って、私たちは今通っているんですけど、自分たちでは実感がなくて。たぶん後から「青春だったな」って感じると思うんです。

今、私たちと同じ歳とか、同世代の子たちも、日々普通に過ごしている日常が後になってすごく大切な1ページになると思うので、つまずくこととかも沢山あると思うけど、一歩一歩楽しんで生きてほしいなって感じます。

ami 私にとって「青春」って、何だろう? たぶん、「ちょっとした日常」なんじゃないかなって思います。自分が、この学校のこの教室のこの机に座って、教科書忘れて見せてもらってるこの瞬間とか、席替えをした後でお弁当を食べる時に「どこの机で固まるか」とか。そういうちょっとした日常が実はすごく大切なんじゃないかなって思います。

──それを現役でわかるってすごくすてきなことだと思います。
Nono 『Melody』に教えてもらった感じです。

ami そうだよね。いつもは「青春」を感じることなんて、全然なくて。正直「朝起きたくないな」、「面倒くさいな」と思うんですけど、こういう歌を歌っていると、「大切にしなきゃいけないな」って思います。そして「青春」と言ったらMOMOKAが高校最後なので。

MOMOKA そうなんですよ。11月まで学校行ったら、もうほとんど学校に行かなくてよくて。10日に1回くらい。6月も終わったし、7月もほとんどない。8月もない。そうしたら残りは9月、10月、11月の3か月だけになるんですよ。

私はこういうお仕事をさせて頂いているので、年上の方とお話する機会も多くて、メンバーが年下ですし、ファンの子で中学生とか小学生とかも話すこともあるんですけど、その時に感じるのは、「今を本当に楽しんで!」ってそう伝えます(笑) テストや修学旅行も、同じことを2回はできないから、本当に大事にしてほしいなって思うんですよ。私も、「中学校になって制服になったな」って思って、「高校になったなっ」て思っていたら、「もう終わっちゃうか!」って、「制服着るのもあと3か月か」って感じています。



──本当にそうだと思います。制服って、脱いだら本当にその価値がわかるというか(笑)
全員 (笑)

MOMOKA それもよく大人の人から聞きます(笑) 「JKって本当にすごいよね」って言われて、「何がだろう?」って思うんですけど、JKの素晴らしさを私は大人の人たちに教えてもらっているので、後の世代にも教えていきたいです。と言っても、私もまだ現役だけど(笑)

──3年後とかにこのMVを観たら「あの時制服を着てたな」って思うんでしょうね。
MOMOKA そうですね。有難いことに私たちは人に伝えることが出来る活動をさせて頂いているので、気づいたことがあったら伝えていきたいと思います。

──残りの高校生活でやりたいことはありますか?
MOMOKA 文化祭があるんですよ。それは本当に最後の行事だから、楽しみたいなって思います。

──どんな出し物をされるんですか?
MOMOKA 私はコッペパンを(笑)

全員 (笑)

MOMOKA 3年生になったら飲食を出し物にしてOKなんです。しかも数クラスしか出来なくて。ちょうどうちのクラスが入れたから、コッペパンをやるんです(笑)

──コッペパンですか! なんかかわいいですね(笑)
MOMOKA 今年のテーマが「歴史」なので、抹茶を入れてみたりとか。それも面倒くさいと思わずに、楽しみたいと思います。

ami コッペパンを売ってるMOMOKAを見てみたい(笑)

──ぜひ、LINEブログで写真を上げてください!
MOMOKA はい(笑)

──文化祭の話も出たので、もう少しリアルなJK話を聞きたいんですが、今感じている悩みとかお友達との関係について教えてください!
Nono 何だろう。

ami 超くだらないことしか思いつかない(笑)

──超くだらないことでもいいですよ(笑)
ami (笑) 前髪のくせ毛ですね。

全員 (笑)

──それってJKじゃなくなってもくせ毛は続くと思うんですが(笑)
ami そうですよね(笑)



──(笑) 確かに髪のセットが上手くいかないとへこみますよね。
ami そうなんですよ。今ストレートを当ててるんですけど、生えてくるじゃないですか(笑) 下はストレートなのに、上はくせ毛になるんです。

MOMOKA しかも、前髪って伸びるの早いよね。

ami ダンスとかやってると、季節とか関係なく汗かいちゃうから。これは天敵ですね。ライブ中とか諦めてます(笑)

MOMOKA 気にしてたらキリがないんですよね。私達踊るので。

──Nonoさんはどうですか?
Nono 私は中学校の頃なんですけど、割と転校が多くて。友達との接し方に悩んでました。みんな話しかけてくれるんですけど、私はそんなにオープンな方じゃないので、どう接していいのか分からなくて。それに仲良くなると「その子の中で自分は何位なんだろう?」って気にしている時期があって(笑) 「自分は第2位だ」って思ってる子同士で帰ったりとか。

今思えば、相手が来るのを待ってたからよくないんだなって思って。自分からもっと話しかけたりとか、歩み寄ることができれば、相手も「私に興味を持ってくれてるんだ」って思ってくれるので、今の青春を楽しむためにも自分を開いていきたいなって思います。

ami なんか、話が良すぎて、私の前髪話が馬鹿みたいに思える(笑)

全員 (笑)

ami どうしよう(笑)

──amiさん、追加しますか?(笑)
全員 (笑)

MOMOKA amiが考えている間に、私が。Nonoと似てるんですけど、私も中学の時から新しい環境だったので、発言が上手くできないというか。「大きな声を出すとクラスの雰囲気に馴染めないんじゃないかな」って思った時期がありました。

でも自分たちの曲の中にも、「殻に閉じこもっていたらそのままじゃん」みたいなものがあって。周りにいる明るい子を見本にするようにしたら、生活しやすくなりました。自分の居場所が明確になったというか。あまり変なことで悩まなくなりました。集団行動も学校特有のことだなって思うので、今挑戦できるうちにしておくのも大事かなって思います。

──1回勇気を出しちゃえば、上手くいくんでしょうけど。
MOMOKA 最初は「おっ」って思われるかもしれないけど、それは気にしなくていいというか。昔の自分なんて周りはすぐに忘れるから、「なんか変わったね」って言われるかもしれないけど、自分の心の持ちようだったりするし。どんどん自分でセーブしていたものが外れていくのって面白いなって思いました。

Nono いつか笑い話になっていると思うので。ねっ?

MOMOKA そうそう。

Nono 勇気を出す時は恥ずかしいと思うけど。

ami 素晴らしい!

──amiさん、どうしますか?(笑)
ami なんか2人の話が良すぎて。どうしよう。

──(笑) JKには前髪も重要だから!
MOMOKA 共感してくれる人、いっぱいいると思う!

Nono JKは前髪命だから!

ami そうそう! 絶対にみんな、鏡持ってるから!

MOMOKA そうそう!

ami どうしよう、言ってるのが自分だけだったら(笑)

MOMOKA いやいやいやいや。気にしている子いっぱいるよ!

Nono 学校のトイレの鏡の前って、いつも行列出来てるし。

MOMOKA 電池式のコテとか持ってきてる子いるし。

ami そうか! じゃぁ、私の悩みは「前髪」でお願いします!



J☆Dee'Zからファンのみなさんに「伝えたいこと、ちゃんと伝えなきゃ」

──2曲目の『伝えたいこと、ちゃんと伝えなくちゃ』についてもお聞きしたいのですが、こちらの曲もすでにYouTubeに上がってまして、この曲に背中を押されて「これから好きな人に告白しに行きます!」というファンの方のコメントがあったりしますが、皆さんは家族や大切な人にちゃんと思いは伝えられていますか?
全員 どうだろう?

ami みんな、気持ち、伝えてる?(笑)

全員 (笑)

Nono なかなか恥ずかしくって言えないじゃないんですか。でも、さっきの友達への勇気と同じだと思うんですけど、このままだと後で後悔しちゃうだけだと思うので、伝えたいなとは思っています。

私たちは恋愛経験があまりないので、最初にこの曲の歌詞を見た時は、まるで少女漫画を読んでるような気分だったんですよ。リアルには想像できなかったんですけど、でもコメントをいただけたように「勇気がでない子の背中を押せてるんだな」って思うと、すごくうれしいなって思ってます。

MOMOKA 本当にうれしいです。私は割と言うように意識していて、改まって「好き」みたいなことは言わないけど。言わないけど、別に悪いことを思ってるわけではないし(笑) 自分の素直な気持ちだから、それは言うようにしています。

Nono あと、この曲は歌詞だけじゃなくて、メロディも年齢とか関係なく、入ってきやすいと思っていて。

ami 私、これ聴いた後すぐに友達にLINEでメッセージ送っちゃったもん(笑)

全員 (笑)

MOMOKA 影響受けやすい(笑)

──何て送ったんですか?!
ami 唐突に、「いつもありがとうね」って送りました(笑) 私も自分で後から考えたら、「すごいことしたな」って思いましたが。でも休んでる時とかにノート取ってくれたり、いつも通りに接してくれたりとか。この曲聴くとパッと思い出すんです。そのシーンとか。いつもふざけあっているところとかも、ちゃんと「ありがとう」って伝えなきゃって。

MOMOKA たった2文字の「すき」って言葉が意外と難しかったりはするんですけど、ちょっとした勇気ですね。

ami 私、最後にある「少しの勇気を出せば まだ届く距離にいるから今すぐ、、、」って歌詞がすごくよくわかるんだけど。恋愛でも友情でも、家族だったとしても、意外と距離が出来てるって思ってるのは自分だけだったりするじゃないですか。「今しゃべっちゃうと気まずい感じだから」とか思っても、「おはよう」って言うだけで意外とパーッと変わったりするから。

──読者のみなさんも、そういうことで悩んでいる子はいると思います。一回喧嘩しちゃってもうしゃべれなくなっちゃったとか。
全員 あるある。

MOMOKA 私も1年くらい話さなかった子とかいるけど、席替えで席が近くなったら普通に話せました。

ami 意外と小さいことだけど、勇気は大きくいるよね。


「伝えたいこと、ちゃんと伝えなくちゃ」MVはこちら

──この曲を聴いて、「伝えたいこと」を伝えて欲しいですね。では最後にファンのさんに「ちゃんと伝えたいこと」をお願いします!
Nono これはみんな同じだと思うけど、本当に「愛してます」

MOMOKA WOW

Nono 軽い言葉に聞えちゃうかもしれないけど、J☆Dee'Zの活動をしている中で、辛いことが沢山あっても、ファンのみんなが来てくれるだけで、「頑張ろう」とか、みんなが見に来てくれているから、私たちは「伝えていかないといけないんだな」って思えたりとか。ふふふっ(笑)

MOMOKA えー!

ami 照れててかわいい!

Nono (笑) 自分独りだったら越えられない壁とかいっぱいあったけど、一緒に支えてくれているメンバーや、いつも見に来てくれるファンの皆さんがいるから、「この壁は乗り越えないといけないんだな」って思うし、周りに人がいてくれるから、自分が強くなれる気がしていて、本当に「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。



──Nonoさんは本当に素直というか。お話を聞くとこちらもうれしくなります。ではamiさんお願いします。
ami いやー、こんな素晴らしい話の後はヤダなって思って(笑)

──(笑) では先にMOMOKAさんにしますか?
ami えー、それはそれで。どうしよう(笑)

MOMOKA (笑) では締めはamiで! 私もNonoと同じで、本当に「感謝」しかないです。私はネガティブで自信が無かったりすることが多いんですけど、ファンのみなさんがわかってくれるかのように、「頑張ってね」とか「いつもありがとう」ってTwitterなどで励ましてくれて、一言ひとことが自分のパワーになっています。だからこそ自分もダンスや歌でみんなに返していきたいなって思うし、いつまでもずっと永遠ってことはないから、だからこそ今を大事にして頑張っていきたいなって思っています。

──ありがとうございます。ではamiさんお願いします!
ami はい(笑) 私は歌やダンスでみなさんに恩返しをしたいと思っています。私たちも音楽に支えられたことってあるから、そんな曲を届けられたらと思っています。
誰しも深い悩みや、すぐに解決する小さい悩みとかいろいろあると思うんですけど、悩めば悩むほど出した決断って、自分を信じられる答えになっているんだなって思っていて。悩んでるのって嫌じゃないですか。早く答えを出したいし、悩みたくないけど、でも自分と一番向き合ってる時だと思うから、そんな時は『Melody』を聴いたり、色んな曲を聴いたりして、前向きになって欲しいなって思います。他のメンバーが言ったように「いつも応援してるよ」とか、ほんのちょっとの言葉で背中を押されたりするから。人同士って本当にすごいから、私たちも曲を通してそれを伝えていきたいと思います。



──毎回みなさんのMVを見ると「学生に戻りたい」って胸が熱くなるんですけど、今回の2曲は特にそう思いました。ありがとうございました。
写真ギャラリー

サイン入りチェキプレゼント



J☆Dee'Zメンバーのサイン入りチェキを3名様にプレゼント! LINE BLOGアプリから「J☆Dee'Z」と「V.I.P. Press」をフォロー&この記事に「いいね」を押せば応募完了です。「#JDeeZ」をつけてご自身のブログにもぜひ感想を書いてください♪  
アプリでフォローして応募する
※当選者にはLINE BLOGアプリのお知らせでご連絡します

【早期購入特典あり】Melody(初回生産限定盤)(DVD付)(メンバーソロチェキ(ランダム)付) [CD]J☆Dee'Z2017-07-19


【早期購入特典あり】Melody(メンバーソロチェキ(ランダム)付) [CD]J☆Dee'Z2017-07-19

Melody(初回生産限定盤)(DVD付) [CD]J☆Dee'ZSMR2017-07-19

まだ高校生とは思えないほど、大人のような考え方を話すJ☆Dee'Zのメンバーたち。今回はそんな彼女たちのあどけない顔を見ることができ新鮮でした! JKってやっぱり輝いていますね。

会いたい "あのひと" を身近に── LINE BLOG。
『Melody』を聴いて、自分のJK時代を思い出します。
それではまた。

(撮影/杉 映貴子、取材・文/うにまる)

編集部のおすすめ記事