「カンナさーん!」渡辺直美、要潤との“キスの音”を語る

写真拡大

 渡辺直美主演のドラマ「カンナさーん!」(TBS系)の初回放送(15分拡大版)が平均視聴率12.0%を獲得。同枠前作品の「あなたのことはそれほど」の初回視聴率11.1%を上回る好スタートを切った。

 渡辺演じる河東カンナが、子育てをしながら雇われファッションデザイナーとして日々格闘するパワフル主婦の奮戦記。夫の鈴木礼役を“イケメンライダー”でおなじみの要潤が演じている。18日の第一話でいきなり夫・礼の不貞が発覚するなど、期待を裏切らない展開をみせた。

 13日都内で行われた同ドラマの舞台挨拶でも、“ゲス夫”役を演じる要潤に、大きな注目が集まった。

「『日本中の女性を敵に回す覚悟で撮影に臨みました。完璧に仕上がった』と語り、本人も自分のゲスっぷりに手応えを感じているようです。最後に『これから街を歩く時は、背後に気を付けます』と話して会場を笑わせていましたが、それもこのドラマに賭ける意気込みの表れでしょう」(テレビ誌ライター)

 連ドラ初主演を飾る渡辺は、そんな要に「うちの旦那はサイテーだなと思いました」と切り捨てていたが、14日に出演したバラエティ番組「A-Studio」(TBS系)では、要とのキスシーンに触れて、裏エピソードを披露している。

「『緊張しちゃって、すべて要さんにお任せしました。そうしたら本当に優しいキスをしてくれて、その時チュ!と大きな音が鳴った』と興奮しながら話していました。要といえば、ドラマ撮影中に舌まで入れる“本気キス”をしたという豪快なエピソードの持ち主ですが、渡辺に対しても、本気キスで臨む姿勢はさすがです」(前出・テレビ誌ライター)

 爽やかなイケメン役が多かった要潤がどんな“ゲス夫”ぶりを見せてくれるのか、今後の展開から目が離せない。