北京市郊外にある盧溝橋は、1937年に抗日戦争が始まった場所であり、「獅子像の博物館」ともいえる橋だ。

写真拡大

北京市郊外にある盧溝橋は、1937年に抗日戦争が始まった場所であり、「獅子像の博物館」ともいえる橋だ。

この美しい石刻芸術を永久的に保存するため、豊台盧溝橋文化観光区は石質文化財デジタル保護プロジェクトを始動し、3Dスキャン技術によって、獅子像501体全てのデジタルファイルを構築していく。人民日報が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集YK)