株式会社CCCメディアハウスは、デザインやアート、ファッション、食、旅、建築などあらゆるカルチャーを発信するライフスタイル誌「Pen」において、世界各地の芸術展やアート作品を特集、『Pen 8月1日号「あのアートが見たい。」』を7月15日に発売した。A4変型判/630円(税抜)。
2017年は、世界規模の現代アートの祭典「ドクメンタ14(ドイツ/ カッセル)」「第57回ヴェネチア・ビエンナーレ(イタリア/ ヴェネツィア)」、10年に一度開催される彫刻展「ミュンスター彫刻プロジェクト(ドイツ/ミュンスター)」など、世界中で注目の展覧会が開催されるアート・イヤーだ。

「Pen 8月1日号」では、“あのアートが見たい。”をテーマに今年必見のアートを徹底取材。ドクメンタ、ミュンスター彫刻プロジェクト、ヴェネツィア・ビエンナーレの3つ芸術祭をわかりやすく紹介するほか、ロンドン・東京の2ヵ所で開催されるアルベルト・ジャコメッティの彫刻展を2展を比較して解説している。

日本開催の展覧会からは、経済発展目覚ましい東南アジア地域の現代アートに焦点を当てた「サンシャワー展」、日中韓のアジア・アートの最前線がわかる「アジア回廊展」などを注目作品を取り上げつつ紹介。今秋開館する小田原の「江之浦測候所」や、来月全面開館する「富山県美術館」など、話題のミュージアムも一足早く覗き見ることができる。

また、近年のアート傾向として、国際的に再評価が進んでいる日本の現代美術の潮流「もの派」にもフォーカスを当てており、サカナクションの山口一郎氏が「もの派」との出合い、魅力や面白さを語ったコラムを収録している。そのほかにも、美術家・森村泰昌氏による展覧会案内や、秋からの大型個展を控える建築家・安藤忠雄氏のインタビュー、西洋傑作絵画10点の解説など、この一冊があれば、今年見るべきアートがすべてわかる、充実の内容である。
株式会社CCCメディアハウス
価格:630円(税抜)
Pen編集部 編
URL:http://www.cccmh.co.jp/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06Y64677F/
2017/07/19