画像提供:マイナビニュース

写真拡大

不朽の名作「バジリスク」より、新章『バジリスク 〜桜花忍法帖(おうかにんぽうちょう)〜』のTVアニメ化が決定した。

前作にあたる『バジリスク〜甲賀忍法帖〜』は、日本を代表する小説家・山田風太郎氏が1958年から発表した忍法帖シリーズの処女作「甲賀忍法帖」を元に、せがわまさき氏がコミカライズ(ヤングマガジン刊)した作品。2005年にはTVアニメが放送され、大きな話題を呼んだ。

そして昨年、「甲賀忍法帖」の続編にあたる新章小説『桜花忍法帖 バジリスク新章』(山田正紀/講談社)が刊行され、さらに今月7月24日(月)発売のヤングマガジン34号(講談社)より新連載も決定している。

前作「甲賀忍法帖」は、憎しみ合う甲賀と伊賀の精鋭忍者たちが10対10の敵味方に分かれ、超人離れした忍術で徳川家世継ぎのための殺戮合戦が繰り広げられた。今回の新章「桜花忍法帖」は、その「甲賀忍法帖」の時代より10年後の寛永3年が舞台となっている。

今回、TVアニメ化情報とあわせて公開されたビジュアルには、甲賀五宝連を束ねる少年・甲賀八郎。そして伊賀五花撰を率いる少女・伊賀響の2人が描かれている。2人にどのような運命が待ち受けるのか。TVアニメ『バジリスク 〜桜花忍法帖〜』の詳細は公式サイトなどで今後の続報を待ちたい。

(C)山田風太郎・せがわまさき・山田正紀・講談社/桜花忍法帖製作委員会