舞台「気づかいルーシー」脚本・演出・出演のノゾエ征爾さん

写真拡大

子どもと夏休みの思い出を作りたいけど、何がいいかな? そんな楽しい計画の一つにぜひおすすめしたいのが「観劇」です。

「気づかいルーシー」の舞台写真をじっくり見る

「観劇? 大人の私にも難しいのに、子どもが集中していられるかしら…」

「子ども向けの作品は正直、大人には物足りないし…」

そんな声が聞こえてきそうです。

でも、大丈夫! 7月21日に開幕する音楽劇『気づかいルーシー』には、子どもも大人も楽しめるいろんな“気づかい”が詰まっているんです。

2015年に上演され好評だった初演に引き続き、今回も脚本・演出を手掛ける舞台演出家で劇団「はえぎわ」主宰のノゾエ征爾さんにお話を伺ってきました。

子どもたちの反応に僕らの方がびっくりしました

『気づかいルーシー』のテーマはズバリ、“気づかい”。

主人公・ルーシー(岸井ゆきの)は元気いっぱいの女の子。育ての親であるおじいさん(小野寺修二)ともうひとりの家族・馬(山中崇)の思いを無にしたくないと我慢をしたり、気づかないふりをしたり。3人がそれぞれを気づかって、大切な人の思いを受け止めようとする物語です。ラストには、思いもよらない大どんでん返しも。

わかりやすいストーリーと最小限の登場人物、そして、物語のほとんどの時間に流れている歌と音楽に、大人も子どももグイグイ引き込まれます。

――まずは2015年初演時の企画のきっかけを教えてください。スタートから「こどもにも向けた作品を」という意図だったんですか?

そうなんです。一番初めに、松尾スズキさんが書かれた絵本『気づかいルーシー』がとても面白いので親子向けの作品として舞台化できないか、という相談が東京芸術劇場さんから松尾さんにあったんです。それで、松尾さんが脚本・演出として僕を紹介くださいまして。

僕が大学4年生のときに松尾さんの演劇ゼミに参加したのをきっかけに、今でも松尾さんとはある意味師弟関係のような間柄にある、ということもあって。

――これまで、子ども向けの演劇作品を作られた経験はあったんですか?

お子さんにも向けた作品、というのはこの作品が初めてですが、8年前から毎年、高齢者施設を回ってお芝居を上演する活動を行っていて、普段演劇に親しんでいない方にわかりやすく演劇を届ける、ということに関しては、これまでもやっていた作業ではありました。

――2015年の初演では、客席の雰囲気はどんな感じでしたか?

親子で見に来てくださった方も多くて。

もちろん自分たちでは、お子さんにも楽しんでほしいと思いながら作ってはいたんですが、そうは言いながらも、思いがどこまで届くかな、内容をどこまで楽しんでもらえるかな、という部分には正直不安もあったんです。だから、お子さんたちの予想以上の反応に僕らの方が一番びっくりしたかもしれないですね。とても盛り上がっていて。

あらゆる方法で原作の余白を埋める

そんな本作には、全編を通して哲学的なセリフがちりばめられています。

「人間の中身って、こんなにきれいなんだ! やっぱり人間は中身だ」

「王子はなんでも思うがまま。でも、命はおもうようにはいかない」

など…。

――大人にはそういう、奥行きを感じさせるセリフがすごく沁みますよね。

子どもにとっては、馬や王子さまが出てきてポン!と即効性で楽しめるところが多いと思うんですけど、大人には深いところに突き刺さってくるようなところがけっこうあると思っていて。初演でも、「子どもが楽しんでくれればいいな」と思っていた親御さんの方も「まさか自分が感動するとは」などという声も多かった気がします。

――大人の「味わい方」と子どもの「楽しみ方」がありますよね。

初演を見てくれた知りあいから動画がけっこう送られてきて。『気づかいルーシー』の劇中の踊りを僕らが踊った動画を公開していたんですけれど、「それを見て子どもたちが完コピした」って。そういうのもうれしいですよね。

――「音楽劇」という形をとられたのも、お子さんを意識してのことですか?

それは、自然に出てきた発想だったと思いますね。絵本にある世界観は一見平面なんですけど、ものすごく深くて彩りもあって。そこを埋める“すべ”ってなんだろうと思ったときに、こちらも境界を引いている場合じゃない、と。目で楽しめる、音で楽しめる、あらゆる方法で絵本の“余白”を埋めようと。

――音楽も、美しい曲もありつつ、ちょっとフラットを効かせて「おっ?」と思わせる、いい意味で違和感を感じる曲もあって。

音楽・演奏で加わってくださっている田中馨さんは、よく児童館とか、ちびっ子たちを集めてライブをされている方なんです。彼の奥深い音が好きで、彼なりに届けたい音っていうのはすごくあったと思いますね。

2年前より“挑戦したい”感が増えました

――初演のとき、とくにお子さんたちに“ウケた”シーンはどこでしたか?

馬がおじいさんの皮を剥いでおじいさんになりすますシーンがあるんですが、そこは大人よりも直観的に楽しんでくれていましたね。

その上で、「痛い」ということがちゃんと「痛い」こととして届いた、とも感じました。

今回、「痛いことは痛い」とちゃんと伝えよう、と思っていて。皮を剥ぐほうも心が痛いし、剝がされる方も身体的に痛い、っていうところをちゃんと表現しておきたいなと思っていたんです。

扱っているのも「気づかい」というテーマですから、ただ面白いこととして届けるのでは、「気づかい」というもの自体がふわっとしてしまう、という思いがあって。気づかいがあるから痛みも感じる。それが子どもたちの感覚的なところで響いたんじゃないかなと思っています。

――お子さんに伝わったと感じた瞬間は、大人向けの作品のときとは違いますか?

めちゃめちゃ救われますね、こちらが。素直にうれしかったですね。

子どもはかつての自分なんですよね。無意識に境界をひいてしまいがちですけど、じつは今の自分と地続きであることを忘れちゃいけないなと思っています。初演から2年たって、僕ら自身も感じることがいろいろ変わってきていると思いますし。

――ノゾエさんご自身も今と2年前で、変わっていますか?

そうですね、まず、老いてますね(笑)。あとは、2年前より今のほうが“とげ”が出てきているような気もします。“挑戦したい”感が増えている気はしますね。

――その“とがった部分”が再演の見どころですね。

そうですね。今回は再演ということで、一度作り上げた状態から始まるわけです。僕はそこで一度ゼロにすることが大事だと思っていますが、その一方で、熟成度は確実に変わるんだろうとは思います。

一度たどり着いたところをみんなでもう一回考え直し、感じなおして、作り直すっていうのが。その結果、“熟成肉”のような味が出ていればうれしいですね。

親も子も“気づかい”合えることが幸せ

――今作のセットは「ジェンガ」(木製などのパーツを交替で積み上げたり引き抜いたりしていくイギリス発祥のテーブルゲーム)をイメージしたものになっていますが、ノゾエさんはお子さんのときどんな遊びが好きだったんですか?

空想好きでしたね。よく自分で紙に何か書いたりしてゲームを作ってましたね。お話を考えるのも好きでした。小学校の学芸会でも、演劇をやるとなったら脚本を書いたり。

でも親は厳しかったですね。勉強、勉強でしたね。そういう制約や抑圧があったから、空想だったり表現するっていうことが楽しくなったのかもしれません。

大学に入った時点では、普通に「いい企業に入る」ということしか考えていなかったです。そういうものだと思い込んでましたね。

――何をきっかけに将来の方向が変わっていったんですか?

大学で演劇を始めてからですね(笑)。もう、全部が楽しくて。気がついたら単位も落とし始め、留年し、就職する気にもなれなくて。

まずいなぁと思っていた大学4年の頃に、松尾さんに出会い、プロに近い世界を知って、さらに演劇にハマっていったっていう感じですね。親は今でも「征爾は一体誰の血なんだ…。突然変異としか思えない」って言ってますね。嬉しそうに(笑)。

当時はなんて怖い親なんだろうって思ってましたけど、今になってみると抜けてたなって思うところもあって。たとえばお箸の持ち方とか。

そうか、ここは見逃されたんだなって(笑)。親もやっぱり手探りで“親”をやっていたんだなって思います。大人になってから急に「あの時ああいうこと言っちゃってたけど」って反省の言葉をかけられたりね。お互いに、“気づかい”あってたのかなって思いますね。

――親子関係って客観的になれない分、難しいですよね。

何が正しいか間違ってるかわからない中で、その都度ちゃんと悩んで悔いて喜んで、せいいっぱい向き合うっていうことが親子にとって大切なのかなと思いますね。

――ノゾエさんのお父様とお母様もそういう風に全力で向き合ったから、今のノゾエさんがあるんですね。

僕はちょっと偏った人間ですけど(笑)。なかなか完璧にはね…って悩み続けることがいいことなのかな、という気がします。

今でもずっと親は親で、僕との距離を考えているでしょうし、僕も親との距離を考えますし。そうやって、“気づかい”続けられることが幸せなことだなって思いますね。

開館25周年/芸劇フェスティバル「気づかいルーシー」

東京芸術劇場 シアターイースト
公演日:2015年8月22日〜31日