画像提供:マイナビニュース

写真拡大

CFD販売は7月19日、GIGABYTE製の外付けGPUボックス「GV-N1070IXEB-8GD」の取り扱い開始を発表した。7月下旬の発売を予定し、店頭予想価格は税別80,000円前後。

オーバークロック仕様のNVIDIA GeForce GTX 1070を搭載したグラフィックスカード「GIGABYTE Geforce GTX 1070 mini ITX OC 8G」と、450W電源ユニットを内蔵した外付けGPUボックス。Thunderbolt 3でノートPCと接続することでディスクリートGPUのパフォーマンスを利用することができる。

内蔵するグラフィックスカードにMini-ITXモデルを採用することで、本体の奥行きが212mmとコンパクトに仕上げている。また、持ち運び用のキャリングケースが付属する。「GIGABYTE Geforce GTX 1070 mini ITX OC 8G」の仕様は、ベースクロックが1,531MHz、ブーストクロックが1,721MHz(いずれもゲーミングモード)、メモリが256bit接続の8GB GDDR5、メモリクロックが8,008MHz。出力インタフェースがHDMI×1、DisplayPort×1、DVI-D×2。

内部のインタフェースはPCI-Express x16。本体の搭載インタフェースは、Thunderbolt 3×1(USB Type-C)、USB 3.0 Type-A×3。USB PD対応のノートPCに給電することもできる。このほか、イルミネーション機能「RGB FUSION」をサポートする。本体サイズはW96×D212×H162mm。重量は2,360g。