“with B”として知られるお笑いコンビのブリリアンが7月18日、人気アーティスト、オースティン・マホーンのライブを訪れた際の様子を紹介。その際に、その魅力を絶賛し、ファンの間で注目を集めている。

 これは同日、ブリリアンの“コージ”こと徳田浩至が自身の公式twitterに投稿したもので、この中で彼は、「AUSTIN JAPAN TOUR楽しかった 多彩なオースティン本当カッコ良かったなー」と、彼らが参加する「ブルゾンちえみ with B」のネタで使用する楽曲『ダーティ・ワーク』で知られる人気アーティスト、オースティン・マホーンのライブを鑑賞したことを報告。

 「団体競技をやってたせいか、大勢の人の一体感を感じるとなんか泣きそうな位感動してしまいます 素晴らしい時間をありがとうございました」と、その魅力について称賛し、ネット上のファンからは「生DirtyWorkはいかがでしたか?」「素晴らしい空間で素晴らしい時間を過ごせて良かったですね」「ダーティ.ワークで思わずカラダ…動きませんでしたか?」「ダイキさんと行かれてたんですね?!素敵な時間を過ごす事ができて良かったですね(*´?`*)ライブの一体感って本当に鳥肌もんですよねヽ(;▽;)ノ」「ダイキさんと一緒に観に行かれたのですね!久しぶりにお二人で楽しそうな写真が見れましてとても安心しました!(ToT)」といった声が集まるなど、大きな注目が集まることとなった。

 なお、かねてよりオースティンは、自身の楽曲の知名度を日本でUPさせることとなったブルゾンたちに向け、ネット上で感謝の気持ちを表していたり、今回の来日公演でも“本家”として『ダーティ・ワーク』を披露しつつ、客席にいたブルゾンにエールを贈るなど、そのほのぼのとした交流が報じられているが、1つの楽曲が繋いだこの縁を、これからもそれぞれが大切にし、末永く活躍することに期待したいところだ。