アンダーラップを鉢巻きのように使用して練習する浦和DF森脇=大原サッカー場

写真拡大

 サッカーのJ1浦和は19日、リーグC大阪戦(22日・ヤンマー)に向けてさいたま市内で練習を行った。ゲーム形式の練習では、DF森脇亮太がアンダーラップを頭に巻いてプレーした。

 アンダーラップは、本来テーピング時に肌を保護するために巻く予備テープの用途で使用されるが、森脇は「髪が意外とウザくて…」と、アンダーラップをよじってヘアバンド代わりに使用。まるで鉢巻きをしたようにも見える姿は、いわば“サンシャイン森脇”。本人からすればプレーに集中することが目的だったわけだが「みんなにダセえな、運動会みたいだなって言われました」と苦笑いしていた。