カッサーノ、予想外の引退を撤回

写真拡大

7月上旬頃、アントニオ・カッサーノは無所属の状態からエラス・ヴェローナと契約を結んだが、その数日後に引退を発表した。

【関連記事:トッティ妻 日本行きの夢壊す】

今朝、イタリアの主要メディアはカッサーノの予期せぬ引退発表に驚かされた。彼の契約が正式に発表されてから8日後の出来事だった。
無所属のまま過ごした一年間、サッカーのグラウンドから離れ、多くの時間を家族と過ごしたカッサーノはホームシックになり、彼らなしでの生活を続けられないと感じていた。
多くの疑念が渦巻く中、クラブと選手はその決断の理由を詳しく説明するために記者会見を開く事を発表した。

しかし、最終的にこのレジェンドの時期早々のアディオスは取り越し苦労に終わった。
「今朝、心が弱くなった瞬間があったが、私はプレーを続けたい。私はもう少しで再びダメになるところだったが、私は引退しない。前に進み続ける。」
午後に開かれた記者会見で彼はそのように語った。

そして、カッサーノは妻や子供達の存在が重要だった事を強調した。
「彼女は私のエネルギーだ。彼女はプレーしない私を見る事はできないと言った。私は感動したよ。」

さらにカッサーノは多くの人々に迷惑をかけた事を謝罪し、プレーを続ける意向を持つ事を強調した。
「私は自分のキャリア最後のミラクルを作りたい。何故なら私はまだ多くのものをもたらす事ができるからね。」