画像提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の坂上忍が、19日に放送されたフジテレビ系情報番組『バイキング』(毎週月〜金11:55〜13:45)で、上西小百合衆院議員のサッカーに関するツイッター投稿が炎上した騒動についてコメントした。

上西議員は、浦和とドルトムントの親善試合について「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイート。浦和ファンから批判の声が殺到すると、「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」などと反論して炎上し、18日に会見を行った。

坂上は「"遊んでる"はヤバイだろ」と苦言を呈し、「一サッカーファンとしてのコメントだとか言ってるみたいだけど、この人はサッカーファンの前に国会議員って肩書きがつく人でしょ」と立場を考えるべきだと意見した。

『バイキング』では、会見での上西議員の発言を秘書が修正し、記者の質問から撮り直すシーンも放送。坂上は「朝から各局観ていて、当たり前のように撮り直しの部分も流している」と言い、おぎやはぎの矢作兼が「いいんですか?」と尋ねると、坂上も「『いいんですか?』っていうリアクションでしょ?」と疑問を感じたことを明かした。

そして、「僕らの常識じゃないけど、『テイク2を使ってください』ということなのに、アフレコの部分もまるまる使われた上であーだこーだ言われていることに対しては、個人的には擁護するつもりはないんだけど、かわいそうという気持ちには素直になった」と同情。小木博明も「初めて見たもん、あんな裏の…」と驚いていた。