ジャズ・ミュージシャン、菊地成孔による映画評論集『菊地成孔の欧米休憩タイム』が、8月10日(木)に株式会社blueprintより発行されることが決定した。

詳細はこちら

 同書は、英語圏(欧米国)以外、特にアジア圏の映画を対象としたリアルサウンド映画部の連載レビュー「菊地成孔の欧米休憩タイム〜アルファヴェットを使わない国々の映画批評〜」の中から良質な記事を厳選し、新たに加筆・修正の上で収録。同連載の番外編として掲載され、Yahoo!ニュースなどのネットメディアやSNSで大きな議論を巻き起こした『ラ・ラ・ランド』評のほか、2016年の特大ヒット作『シン・ゴジラ』と『君の名は。』を合わせて論じた書き下ろし批評なども収録する。

 さらに、菊地が有料メールマガジンにて連載していた「TSUTAYAをやっつけろ!」、日本映画大学准教授のハン・トンヒョン女史との『ひと夏のファンタジア』対談や、雑誌『ROCKS』(講談社/SPBS)の連載で、自身の居住区である新宿にパリやニューヨーク、ソウルの3都市を重ね合わせていく幻の名エッセイ『都市の同一性障害』などもピックアップ。独自の切り口から読み解くユニークかつ刺激的な映画評を存分に楽しめる一冊だ。

 また8月10日(木)の発売日当日は、青山ブックセンター本店にて、映画批評家の廣瀬純氏と菊地成孔によるトークイベントが開催されることが決定している。新刊書『菊地成孔の欧米休憩タイム』は、Amazonにて予約受付中。