二度とないシーンの撮影は”手振れロック”で絶対失敗させない

写真拡大 (全5枚)

今年もあつ〜い夏になりそうですが、キャンプにフェスに家族行事と、夏を思う存分楽しみたいですし、大切な思い出はしっかり残したい! そこでオススメなのが、手振れ防止に徹底的にこだわったパナソニックの新作ムービーカメラ。手振れが発生しやすいシーンを自動判定して手振れを低減してくれるというからオドロキです!

パナソニックから登場するのは、デジタルハイビジョンカメラ「HC-W585M」(8月10日発売)。これまでも手振れ防止機能を搭載した数々のムービーカメラを発表してきたパナソニックですが、今回はより一層進化!

縦・水平・左右・上下の5軸で手振れ補正してくれる<5軸ハイブリッド手ブレ補正>
に加え、従来品は<手振れロック>ボタンを押し続けることで手ブレ補正をより強くできましたが、本製品では手ブレ補正が必要なシーンを自動的に判定して、手振れロックをかけます。自動判定してくれるなら手ブレを気にして撮影に集中できない、ということもなくなるので、大切な思い出にじっくり向き合って記録できます。

▲ワイプ撮り イメージ 赤ちゃん撮影

また、メインカメラの映像のほかに本体に付いたサブカメラの映像や、Wi-Fiでつないだスマホの映像も接続し、好みの映像を選んで子画面として切り替えられる「ワイプ撮り」も搭載。

▲ワイプ撮り イメージ 学芸会

スマホは3台まで接続できますから、まるで複数台で撮影する中継スイッチャー気分!?
川遊びをする子どもたちをメインで撮影しつつ、見守る家族の様子をサブでとらえる、なんて使い方ができそうです。

他にも素早くピントが合う「HDハイプレシジョンAF」にも対応し、ズーム倍率は光学50倍、iA90倍を搭載。内蔵メモリーは64GBもありますから、たくさんの夏の思い出を残せます。価格はオープンで、市場予想価格は6万5000円前後(税別)です。

>> パナソニック「HC-W585M」

 

(文/&GP編集部)