米ウォルト・ディズニーが2017年7月15日(現地時間)、カリフォルニア州アナハイムで開催された最大級のファンイベント「D23 Expo」にて、2019年オープン予定の『スター・ウォーズ』ホテルの計画を発表した。

フロリダ州オーランドにあるディズニー・ワールドに建設予定の同ホテルは、映画に登場する宇宙船イメージ。キャラクターのコスチュームを身にまとったホテルスタッフが滞在をサポートしてくれるので、『スター・ウォーズ』の世界観を存分に堪能できるのだそう。

エンタメサイト『ヴァルチャー』によると、宿泊客もチェックイン後、物語の一員としてストーリーラインと秘密のミッションが与えられるという。

米ウォルト・ディズニー・パークス&リゾーツのボブ・チャペク会長も「ホテルに到着後、すぐに『スター・ウォーズ』の物語の一員になれます。」とコメント。さらに次のように説明した。「滞在中は、『スター・ウォーズ』ギャラクシーの住民として、さまざまな体験ができます。地球から遠く離れた宇宙船の中は、搭乗員や彼らを取り巻くストーリーや冒険でいっぱいです。お客様全員が『スター・ウォーズ』のキャラクターとして、その世界に100%没入することができます。」

宇宙船に搭乗しているという設定のため、客室の窓からは宇宙しか見えないという徹底ぶりも。

米ウォルト・ディズニーはホテルの発表と同時に、カリフォルニア州のディズニーランドとフロリダ州オーランドの2ヶ所で建設されている『スター・ウォーズ』テーマパークの名称も発表。「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」と名付けられたテーマパークも2019年にオープン予定とのこと。こちらの完成も楽しみ!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Reiko Kuwabara

From: Esquire