放送終了「猟奇的な彼女」チュウォン&オ・ヨンソカップルの結末は?最後まで“最高の相性”

写真拡大 (全2枚)

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チュウォンとオ・ヨンソのケミ(ケミストリー、相手との相性)が大きな功を奏したドラマ「猟奇的な彼女」。同じ年のカップルとして初々しい恋愛を見せてくれた二人が後で再会することを視聴者は望んでいる。

韓国で18日に放送終了となった「猟奇的な彼女」は気難しい都城の男キョヌ(チュウォン) と朝鮮の問題のある彼女へミョン姫(オ・ヨンソ) が繰り広げる予測不可のラブストーリー。

言い争いながら親しくなった二人はお互いに恋心を抱くことになり、恋人になる。しかし二人は別れるしかなかった。へミョン姫が母親の廃妃ハン氏の悔しさを晴らすために奮闘した中、廃位の決定的な原因となった文章をキョヌが書いたことが明らかになったのだ。キョヌが意図したことではなかったものの、これ以上へミョン姫のそばにいることはできなかった。

最終回で母の恨みを晴らしたへミョン姫は廃妃ハン氏と再会した。廃妃ハン氏は宮に戻らないと言い、へミョン姫の幸せを祈った。そしてカン・ジュニョン(CNBLUE イ・ジョンシン) のおかげでキョヌとへミョン姫も再会した。へミョン姫は「キョン師父がいないと幸せじゃない」と言いながらキョヌと再び愛し合った。

そしてキョヌはプロポーズをしたが、へピョン姫は清で医術を勉強したいからと断った。キョヌは長い間へミョン姫を待った。それから1年後、清から戻ってきたへミョン姫はキョヌにもらった指輪をはめた手を見せながら「結婚しよう」と言った。二人はハグで愛を確認した。

チュウォンとオ・ヨンソは猟奇的なカップルとして始まり、甘く切ない恋まで繰り広げた。何より「どうして今になって会ったのか」と思えるほど二人のケミストリーはよかった。

初めて時代劇にチャレンジしたチュウォンは魅力を思う存分アピールした。長所である声に基づき、様々な演技を披露した。チュウォンはアクション演技だけでなく、中国語演技まで上手に披露して視聴者を魅了した。代表的な若手女優であるオ・ヨンソも特有の愛らしい魅力で「朝鮮版猟奇的な彼女」の魅力を120%アピールした。

「猟奇的な彼女」の後番組としてはナムグン・ミン、ユ・ジュンサン、オム・ジウォン主演の「捏造」が韓国で24日に初放送される。