マドンナ、2パックからの手紙の競売差し止めを請求

写真拡大

先日、2パックが1995年に刑務所の中から当時の恋人マドンナへ宛てて書いた手紙がオークションに出品されると発表されたが、マドンナがこの競売の差し止めを請求した。

◆マドンナ画像

マドンナは手紙が彼女の元に無いことに気づいておらず、オークションのニュースを知りショックを受けたという。火曜日(7月18日)、元友人が彼女の信頼を裏切り出品したと、ニューヨーク州最高裁判所に申し出た。2パックからの手紙のほか、下着、小切手帳、ヘアブラシ、写真など個人的なアイテム20品の削除を要求したそうだ。

オークション主催者Gotta Have It! Collectiblesは水曜日(19日)開始される競売から手紙など数アイテムを削除したものの、裁判所に異議を申し立てるつもりだとコメントしている。

2パックは、手紙の中で、2人の関係が彼のキャリアとイメージに傷をつけると、マドンナへ別れを告げていた。

Ako Suzuki