「どこか私と契約しませんか?」 W杯優勝メンバーの元伊代表DFがSNSで求職活動

写真拡大

ザッカルドがLinkedInで新天地探し 海外メディアも報じるなど国内外で話題に

 2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)優勝メンバーの元イタリア代表DFクリスティアン・ザッカルドがビジネス特化型のSNS「LinkedIn(リンクトイン)」で新天地を探し、話題となっている。

 ザッカルドはサイドバックやセンターバックをこなせる万能型のDFで、2004年に加入したパレルモでブレークしてイタリア代表に選出された。2008年にはヴォルフスブルクで日本代表MF長谷部誠と同僚になったほか、その後はパルマ、ACミランなどを渡り歩いていた。

 そして、2016年からセリエBのヴィツェンツァ・カルチョに所属していたが、この度2018年までの残っていた契約を解除してフリーとなっている。新天地を探す35歳は「LinkedIn」にこれまでの経歴を載せ、「肉体的にはまだ2年は高いレベルでプレーできる」「どこか私と契約しませんか?」とSNSで求職活動を行っている。

 イタリア紙「ラ・スタンパ」は「元ワールドカップチャンピオンのザッカルドがLinkedInでチーム探し」と報じた。また、英紙「ザ・サン」でも取り上げられるなど国内外で話題を呼んでいる。

 百戦錬磨のベテラン獲得に手を挙げるクラブは現れるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images