「Hire」

米Googleは18日(米国時間)、同社のクラウド型グループウェアG Suiteと連携する求人サービス「Hire」をリリースした。

 

同社によると、適切な人材を得るには52日間、面接して評価し採用に至るまでには4000ドルの費用がかかるとしている。それらの費用・時間的なコストを削減するのが「Hire」で、まずは中小企業向けにリリースされる。

 

「Hire」はGmailやGoogleカレンダーなどのG Suiteアプリケーションとシームレスに連携し、面接のスケジュール決めや、応募者への連絡、面接での質問内容の決定などをサポートする。求人と採用の総合サポートといった位置づけだ。

 

まずは、米国内に拠点をおく従業員数が1000人未満の企業が「Hire」を利用できる。

 

発表資料

URL:https://www.blog.google/products/g-suite/google-introduces-hire-new-recruiting-app-integrates-g-suite/

2017/07/19