エミリー・ラタコウスキーがトップレスを披露、“人々が胸で不快になるのは嫌”

写真拡大

モデル・女優のエミリー・ラタコウスキーが、胸について語った。

歌手ロビン・シックの「ブラード・ラインズ〜今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ」のミュージックビデオにトップレス姿で出演して話題になったエミリー。また、映画『ゴーン・ガール』(14)などに出演し、女優としても活躍している。

エミリーはファッション誌「Allure」にトップレスやお尻を見せるセクシーな姿を披露。エミリーは「人々が胸でとても不快になるのはすごく嫌ね」「それでどれだけ私たちの文化がファッ●か気付いたの」「私たちが胸を見るとき、美しくて女性らしいとは思わないの。淫らで、性的すぎるイメージだと思うのよ」と話した。

また、妊娠中絶手術や避妊薬の処方を行うアメリカの医療サービス「プランド・ペアレントフッド」をサポートし、政治にも関心を見せているエミリーは「私は女の子たちに自分がなりたいものには何でもなれるってことを見てほしいの。明確にしたいだけ、するのよ。こういうことが好き、あれも好きでもいいの。世界があなたを理解してくれないって思う必要はないわ」と明かしている。