レストラン・ラウンジ・ペストリーショップが一体となった「THE MARKET F(ザ マーケット エフ)」がオープン

写真拡大

7月14日、グランド ハイアット 福岡(福岡市博多区)1階にレストラン・ラウンジ・ペストリーショップが一体となった複合型オールデイダイニング「THE MARKET F(ザ マーケット エフ)」がオープンした。

【写真を見る】福岡県産「うちのたまご」のポーチドエッグや、アクセントにあまおうジャムを添えた朝食メニューの「ザ マーケット エッグベネディクト」

■ 「WONDER〜おどろきを、おもてなしに〜」をコンセプトに、“上質なひととき”を提供

地元をはじめ、九州各地でとれる新鮮で質のいい食材を厳選。フランス料理をベースとしたシェフならではの食材や調味料の組み合わせ、盛り付けによるハイクオリティな料理を用意する。ダイニング中央に位置するライブキッチンでは、ダイナミックな調理風景を間近で見ることができる。

店内は「レストラン&アフタヌーンティーエリア」「ティーラウンジエリア」「ペストリー&ベーカリーショップエリア」と3つのエリアで構成。

ライブキッチンを中心とした「レストラン&アフタヌーンティーエリア」では、朝食やランチ、ディナーやアフタヌーンティーを提供。「ティーラウンジエリア」ではドリンクやケーキセットを楽しめるほか、スタンディングのカフェ&バーも併設する「ペストリー&ベーカリーショップエリア」ではテイクアウト商品の販売も行う。

レストランはフルブッフェスタイルの朝食(3132円)をはじめ、セミブッフェで楽しむランチ(2916円〜)、スイーツや軽食がそろうアフタヌーンティー(3780円)、アラカルトメニューとコース料理を選べるディナー(平均予算約5000円、コースは8640円〜)で営業。

さまざまなシーンで利用できる、複合型ダイニングならではの魅力を堪能しよう。

【九州ウォーカー編集部/文=廣田祐典(シーアール)】