板野友美(C)モデルプレス

写真拡大

板野友美/モデルプレス=7月19日】アーティストの板野友美が、18日放送のフジテレビ系バラエティ番組『志村の夜』(毎週火曜24:55〜 ※この日は25:20〜)にゲスト出演。AKB48時代の苦労と卒業後の変化について語った。

【さらに写真を見る】板野友美、大胆に美ヒップ強調 鍛え抜かれた肉感的“神ボディ”を解き放つ

2013年に、8年間在籍したAKB48を卒業した板野。卒業を考えるようになったきっかけを聞かれると、2011年のソロデビューが転機になったといい、「今までソロになるのが夢でもあったので、中途半端になりたくないというのがあった」と当時の思いを振り返った。

◆AKB48時代の苦労、仕事観の変化


AKB48時代には、多忙なスケジュールのあまり苦労も多かったようで、「グループの時は、どの仕事かわかってなくてやっていました。その場に行って言われてやる、何するかわからないけど起きてとりあえず行く、みたいな。人数も多いからスタッフさんもその場で言うことが多かった」と、目の前の仕事に必死だったそう。

卒業から約4年が経った現在は仕事との向き合い方も変化。「ずっとこなして、こなして…みたいな仕事のやり方だったので、そう思うとソロになってからの方が、一つ一つ着実に仕事するという感じがしています」と充実感を滲ませていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】