子供たちとの交流を楽しんだ錦織圭選手

写真拡大

プロテニスプレイヤーの錦織圭選手(27)が19日、都内で開催された『「LIXIL錦織チャレンジ」〜ユニバーサルテニス体験〜』にサプライズ登場し、品川区立台場小学校の小学生24名とテニスを通じての交流を楽しんだ。「子供に接するのは好き」という錦織選手、緊張を強いられる大会の合間にリラックスした表情を見せた。一方の小学生たちは、世界で活躍する日本屈指のテニス選手の繰り出すスーパーショットを間近で見て「すごい!」と目を輝かせていた。

【この記事の他の写真を見る】

まずコートに登場したのは、車いすテニスで日本ランキング7位の船水梓緒里選手(16)。彼女は「今日はみなさんと一緒に楽しくテニスができたらと思います」と挨拶し、小学生はみな、車いすに乗って移動する練習をした。子供たちは体験を終えて「難しかった」「(車いすテニスプレイヤーは)すごいと思った」などと感想を述べた。

そして錦織圭選手がサプライズで登場すると、飛び跳ねて喜ぶ子もいた一方で、ほとんどの児童は唖然としてしまったようだ。その後、児童はボールを2球ずつ打ってみることに。打った後は、錦織選手または船水選手とハイタッチする。「テニスはやったことがある程度」という子が大部分だったが、錦織選手は「ナイスショット」「おー、上手いね」などと次々に声をかけていく。錦織選手から直に手をとってもらい指導を受けたラッキーな児童は、錦織選手のアドバイスでぐんと上手くなったことに驚いたようだ。

他にも錦織選手と船水選手のエキシビションラリーが行われたり、両選手がそれぞれ児童1人と組んで、ダブルスで試合したりと見ごたえ十分。しかし最も沸いたのは、錦織選手の股抜きショットとエアケイを披露したとき。猛スピードの球が繰り出されると、小学生たちは「すげえ!」と目を丸くした。

錦織選手は子供たちとの触れ合いに「楽しかったですね。みんなうまかった。みんなも大きな夢を持って頑張ってください」とにこやかに挨拶して、コートを後にした。

これに先立って開催された『ユニバーサル社会の実現に向けたLIXILの活動を発表するプレス発表会』では、公式アンバサダーを務めることになった錦織選手の就任式が行われた。錦織選手は「さまざまな環境でプレーしてきて、ユニバーサル社会は大切なんだなと思い、その中で自分も少しでもお手伝いできれば光栄です」と意欲を見せた。

さらに自身が出演したTVCMについては「恥ずかしいの一言ですね。(CMに出てくる)会見は慣れているのですが、演技もあり、大変でしたね」と照れくさそう。また『「LIXIL錦織チャレンジ」スポーツ施設サポートプロジェクト』では、錦織選手が公式戦を1勝するごとに、日本のスポーツ施設に1台、錦織選手愛用の同社のシャワーをプレゼントするという。

2020年の東京オリンピックでは「自分の実力を上げて、メダル目指して頑張りたい。自分のホームカントリーでできるのは大きなアドバンテージだと思います」と抱負を語った。そして「(現在の)体調はまったく問題ないです ウィンブルドンが終わって、今、日本に帰ってリラックスして過ごしています。これからアメリカに行ってワシントンで始まるんですけど、USオープンには万全で臨んで、いい結果を出せるようにしたいです」とまずは次の一戦を見据えた。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)