@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

クラッシュテスト施設に「カリナン」

ここは、新型車のクラッシュテストを行う試験施設。そこに大物が潜んでいた。

ロールス・ロイス初のSUV、「カリナン」である。衝突試験というメニューから察するに、プレプロダクションの開発後期に入っていることを伺わせる。

角ばったスタイリング 衝突試験用スケールを確認

今回撮影された個体は、衝突試験用のスケールがボディサイドに確認できる。


この画像を見ても分かるように、滑らかなボディワークのゴーストとは対象的に、カリナンのスタイルは四角いスタイリングとなっている。

またゴースト、ファントムのように、カリナンの後席ドアも、リアヒンジ式となることが分かっている。

2018年発売 ディーゼルはナシ

ブランド初の4WDモデルとなるカリナンは、2018年初頭にマーケットデビューするものと考えられる。


「プロジェクト・カリナン」と名付けられたこのSUVモデルは、

・現行ファントム搭載の6.8ℓV12の改良型
・BMW由来のプラグイン・ハイブリッド・ユニット(モデルライフ後半に投入)

を採用する見込みだが、ディーゼルユニットは選択肢から外された。