ソル・ギョング&キム・ナムギル&AOA ソリョン主演映画「殺人者の記憶法」韓国で9月公開予定

写真拡大

映画「殺人者の記憶法」が韓国で9月に公開される。

配給会社SHOWBOX側は本日(19日)、「『殺人者の記憶法』が9月に公開予定だ」と明らかにした。

「殺人者の記憶法」は犯罪スリラー物だ。tvN「知っておくと役に立たない不思議な雑学辞典」に出演中であるキム・ヨンハ作家の同名のベストセラーを原作にした。

アルツハイマーにかかった引退した連続殺人犯が、新しい殺人犯の登場で忘れていた殺人の習慣がよみがえって繰り広げられるストーリーを描く。「セブンデイズ」「サスペクト 哀しき容疑者」を演出したウォン・シンヨク監督がメガホンを取った。

新しい変身を敢行した俳優たちの演技も、期待できるポイントだ。ソル・ギョングは、アルツハイマーで記憶を失っていく引退した連続殺人犯ビョンス役を受け持った。

まともに強烈な演技を披露する見通しだ。キャラクターのために体重減量はもちろん、特殊メイクより実際の外観の変化を選んだソル・ギョング。これまで強烈に変身するたびに歴代級キャラクターを誕生させた彼だっただけに、フィルモグラフィーにもう一度新境地を開く彼の新しい挑戦に、期待が集まっている。

キム・ナムギルはビョンスの殺人習慣を目覚めさせる謎の男、テジュに扮する。善と悪を飛び越える彼の驚くべき演技は、テジュが本当に殺人犯か、ビョンスの妄想か最後まで混乱させて、観客は目を離すことができなくなると見られる。

AOAのソリョンは、ビョンスのたった一人の娘ウニ役で出演する。今まで見たことない女優としての新しい顔を見せる。また、オ・ダルスは連続殺人犯を追う派出所所長であり、ビョンスの長年の友達のビョンマンに扮して、ストーリーをより一層豊かにさせて、“(観客動員数)千万俳優”らしい貫禄のあるベテラン演技を披露する。