にゅ〜ず"be"

写真拡大

 靴工房「サンガッチョ(Sangacio)」が、「にゅ」のロゴが特徴のスニーカー「にゅ〜ず」の新作モデル「にゅ〜ず"be"」の予約販売を7月20日に開始する。ブラックとグレーをラインナップし、価格は税別2万2,500円。
 「にゅ〜ず」は、シューズの製作者がイタリア留学の際に感じた日本語のひらがなが持つ独特の形状と響きを着想源に、「外国から見た日本」というコンセプトのもとで製作されたスニーカー。日本人の足にフィットするように製作した木型を使用し、靴職人が1足ずつハンドメイドで手がけている。
 新作モデルは、「にゅ〜ず」をベースにアクティブな場面での履き心地と機能性を改良。4.5センチのポリウレタン樹脂性のソールを採用し衝撃を吸収するほか、アッパーには足の構造に合わせて細分化されたデザインが施される。また、シューホールの最上段には、ひもを固定するタップを設置してひもの緩みを防止する。「にゅ〜ず」は日本をはじめとするアジアでの人気が高く、今後は積極的に展示会を行うなどグローバル展開を目指すという。