ドイツ・ハンブルクで開催されたG20首脳会議に合わせて初会談を行った米国のドナルド・トランプ大統領(右)とロシアのウラジーミル・プーチン大統領(2017年7月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドイツ北部ハンブルク(Hamburg)で今月開催された20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて初会談を行ったドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領とロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が、これとは別に非公式にも会談を行っていたことが明らかとなった。米ホワイトハウス(White House)が18日、認めた。この非公式会談については、これまで明らかにされていなかった。

 ホワイトハウスの当局者によると、非公式の会談が行われたのは2時間におよんだ7日の公式会談の後で、夕食会の席だったという。AFPの取材に応じたこの当局者は、トランプ氏が夕食会の終盤、プーチン氏に話しかけたと認めた。

 2度目の会談については、2人が何について語り、誰が同席し、またなぜこれまで明かされなかったのか、いぶかしがる声も上がっている。

 トランプ政権とロシアの関係をめぐっては、昨年の米大統領選中にトランプ氏の陣営とロシア政府が共謀した疑惑が持たれている。

 トランプ氏は18日、ツイッター(Twitter)に「プーチン氏との秘密の夕食を報じたフェイクニュースは『病気』だ。すべてのG20首脳とその配偶者はドイツ首相に招待されていた。メディアは知っていた!」と投稿し、会談に不適切な点があったとの見方を一蹴した。

 また別のホワイトハウス当局者は、両首脳の接触について「短い会話」だったとし、「2度目の会談」ではないと否定した。
【翻訳編集】AFPBB News