サントリー食品の濃縮タイプコーヒー『ボス ラテベース』シリーズの中でも、コーヒーのコク・香りと一緒にキャラメルの甘みをプラスした『焦がしキャラメル』。手軽に美味く甘いキャラメルラテが飲めるように開発されたという本製品ですが、サントリー食品の広報さんから「こんな裏ワザがあります」と教えてくれたのが、なんとかき氷に使うこと!

レシピはカンタン。まずかき氷を作り『焦がしキャラメル』を適量かけて、さらに甘みをコンデンスミルクでプラスするだけ。
筆者も試してみましたが、キャラメルの甘みとコーヒーの苦味があって大人のかき氷といったお味。コーヒーベースのかき氷を出すお店はポピュラーでない上に、名店だと行列必至なので、自宅で手軽にかき氷を食べたいという人は試す価値があるのでは?

また、このレシピならカルディなどで売っている濃縮紅茶『ブラックティー』シリーズにも応用が利きそう。やはり甘みはコンデンスミルクで調整して、さっぱりと美味しく頂けるのではないでしょうか。

いずれにしても「おうちかき氷」として大人も楽しめる裏ワザとして、濃縮タイプのコーヒーや紅茶を使うということ、覚えておいても損はなさそうです。

BOSS LATTE BASE(サントリー)
http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/lattebase/ [リンク]