苦戦するディ・マリア、インテル移籍の噂に応答

写真拡大

『Le Parisien』は17日、「パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアは、移籍の噂を否定した」と報じた。

昨季リーグ・アンのタイトルをモナコに奪われ、連覇が途切れてしまったパリ・サンジェルマン。その中で苦戦した1人がディ・マリアだった。

特に前半戦ではあまり結果を残すことが出来ず、後半戦では新たに加入したユリアン・ドラクスラーとのポジション争いにも直面することになった。

現在彼にはインテルが接近していると言われており、この数週間交渉が続いていると伝えられている。

しかし彼自身はインタビューに対して以下のように話し、クラブを離れることは考えていないと語った。

アンヘル・ディ・マリア

「僕にとっては、これは疑う余地のないものだよ。パリ・サンジェルマンに残りたい。

クラブにとってどうなのかはわからないけどね。しかし僕の家族は満足しているし、自分もパリで幸せだ。

昨季は全てがうまく行ったわけではない。それは分かっているよ。最初はウナイ・エメリ監督が何を求めているのかがわからず、徐々に理解を深めていった。今季はそれを高められることを願っているよ」

(今季の目標は?)

「いつも同じだよ。全てに勝つ。昨季はカップ戦を2つ獲得したが、リーグ・アンは失ってしまい、チャンピオンズリーグで敗れた。

今季はチャンピオンズリーグで出来るだけ勝ち進み、決勝に進出するつもりだ。そしてリーグ・アンを取り返し、カップ戦のタイトルを守る」

(ダニ・アウヴェスの加入は?)

「彼とは対戦したことしかないが、大きな才能を持つ選手だ。契約できたことには満足しているよ。チームになにか特別なものをもたらすだろうし、さらに改善することが出来る」