【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李有振(イ・ユジン)副報道官は19日の定例会見で、政府が北朝鮮に軍事会談と赤十字会談を提案したことについて「人道的問題の解決と緊張緩和のための初期的段階の接触を提案したのであり、朝鮮半島非核化に向けた本格的な対話とは別問題だ」と説明した。
 北朝鮮と非核化に向けた対話を再開するためには適切な環境が必要だとの認識の下、韓米日の政府が緊密に意思疎通を図っており、日本の菅義偉官房長官も前日の会見で、韓国の南北会談提案が北朝鮮に対する圧力強化で一致した3カ国首脳の方針に矛盾しないとの認識を示したと述べた。
 統一部は前日も、南北会談提案について米ホワイトハウスが「現在は(米国が望む)対話条件とは距離がある」との反応を見せたことに対し、「韓米間の認識に大きな違いはない」との立場を示していた。
hjc@yna.co.kr