フアン・マタがマンU歴代ベストイレブンを選出

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドに所属するMFフアン・マタが、同クラブの歴代ベストイレブンを選んだ。納得の選出と言えそうだが、英『ミラー』は「最低でも、1人か2人は誰かを怒らせることになってしまうかもしれない」と報じた。

 昨季プレミアリーグで25試合に出場し、6得点を記録するなどユナイテッドで欠かせない選手として活躍したマタ。バージン・グループ傘下の金融機関『バージン・マネー』のビデオの中で、最初に選んだのはGKダビド・デ・ヘアだった。

 同紙は、「そこには大きなドラマはない。世界最高峰のGKなのは周知の事実」としながらも、5度のプレミアリーグ優勝、1998-99シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ制覇に導いたピーター・シュマイケル氏を選出しなかったことに対し、「デ・ヘアを選んだことで、プレミアリーグ史上最も優れたGKを取り上げないことになってしまった」と指摘した。

 その他、マタはリオ・ファーディナンド氏やポール・スコールズ氏、エリック・カントナ氏、今夏エバートンに復帰したFWウェイン・ルーニーらを選出した。だが、同紙は現キャプテンのMFマイケル・キャリック、1999-2000シーズンにイングランドの年間最優秀選手に選出された闘将ロイ・キーン氏が選ばなかったことに対し、チクリと批評している。マタにとっては、多くのビッグネームが所属した歴史あるクラブの中でベストイレブン選出は難しい選択だったようだ。

 以下、マタ選出のマンチェスター・ユナイテッドベストイレブン

▽GK

ダビド・デ・ヘア

▽DF

スティーブ・ブルース

ネマニャ・ビディッチ

リオ・ファーディナンド

▽MF

デイビッド・ベッカム

ブライアン・ロブソン

ポール・スコールズ

ライアン・ギグス

クリスティアーノ・ロナウド

▽FW

ウェイン・ルーニー

エリック・カントナ


●プレミアリーグ2017-18特集