ピンチに陥った者を見つけ、躊躇なく助けに向かった1匹のワンコに称賛の声が寄せられている。

ニューヨーク州で暮らすゴールデン・レトリーバー、「ストーム」である。

Mark Freeley/Facebook

先の日曜日、ポート・ジェファーソン港に散歩に出かけたストーム一行は、海で溺れかけている子鹿を発見した。

すぐに海に入り、助けに向かうストーム。

Mark Freeley/Facebook

「いい子だストーム。こっちに連れて来て!」との飼い主の指示に従い、子鹿をくわえて岸に上がった。

Mark Freeley/Facebook

その後も子鹿に寄り添い、体をなめるなどして介抱を続ける。

Mark Freeley/Facebook

動かないその体を、クンクン鳴きながら揺らし相当心配している模様だ。

Mark Freeley/Facebook

心配された子鹿だが、どうやら無事なよう。

Mark Freeley/Facebook

その後何を思ったのか、子鹿は再び水に入ってしまい、今度は人の手によって助け出された。

Strong Island Animal Rescue League/Facebook

結局施設に保護された子鹿は、元気に回復しているという。

Strong Island Animal Rescue League/Facebook

ストームの飼い主はこの時の動画をFacebookで公開。

今月16日の投稿以来、同動画の再生回数は420万回を超え、1万8000人が「いいね!」など反応している。

複数の海外メディアも取り上げ、ストームは人々の注目と称賛の的となった。