意外にも多くの人が悩んでいるファッション。

「この服、いいなー」と思っても、それが自分に似合うとは限りません。

流行り物を購入しても同じ。「似合う服」と「着たい服」が一致すれば何の問題もないのですが…そうはいかないのが現実です。

そんなファッションに関する『あるある』を描いたのは、いかゴリラ夏ユ07a‏(@ika_redhot)さん。

「これって自分のこと?」と多くの人をドキッとさせた作品を、ぜひご覧ください。

お、男のソプラノ歌手!!!

ショックを受けつつも、「うまいこと、いいやがって!」とツッコミを入れたくなる切り返しです。

が!!!

投稿者さんの『ファッションあるある』は、これだけではありませんでした。

悲しみにあふれた『ファッションあるある』ですが、想像以上に多くの人が「自分も同じ」というコメントを寄せました。

絶対に似合うと思って買っても、全然似合わないことってあるよね。本当にファッションは難しい。オシャレな人って、意外と普通の服を普通のサイズ感で着てたりする。結局はその人自身の雰囲気とかが重要なのかな。チェスターコートとか、まさにオレ!あれって細い人が着るから、いいんだよね。

中には「自分の着たい服を着るのがファッション。似合うかどうかは問題じゃない」といった意見もありましたが、そんな強いメンタルを持っている人はわずか。

多くの人は「どう見られているか」が気になって、着たい服を着られないという現実に苦しんでいるようです。

どうすれば、この『ファッションあるある』から逃れられるのか…オシャレな誰かにぜひ教えてもらいたいですね!

[文・構成/grape編集部]