ヨーロッパで航空便の遅延や欠航、乗り継ぎ不能、オーバーブッキング時の払い戻しや補償申請の代行サービスを展開するrefund.meは、最も遅延が多い航空会社トップ10を発表した。

1位はライアンエアー、2位はエア・ベルリン、4位はイージージェットと格安航空会社(LCC)大手が上位を占めた一方、3位にルフトハンザ・ドイツ航空、6位にエールフランス航空、8位にオーストリア航空、9位にKLMオランダ航空など、大手航空会社もがランクインしている。これは規模が小さい競合他社に比べて、多くの乗客が利用していることが影響しているという。

2017年前半のデータでは、価格が下がるにつれて遅延率も上がっていることが明らかになっているという。

■ランキング

1位:ライアンエアー

2位:エア・ベルリン

3位:ルフトハンザ・ドイツ航空

4位:イージージェット

5位:ウィズ・エア

6位:エールフランス航空

7位:ブエリング航空

8位:オーストリア航空

9位:KLMオランダ航空

10位:エアリンガス