『カーズ/クロスロード』、マックィーンの師弟関係がイーストウッド作品越え!?の涙を誘う理由

写真拡大

『トイ・ストーリー3』、『カールじいさんの空飛ぶ家』といった胸を打つ物語を生み出してきたディズニー/ピクサー。そんなスタジオが贈る新たな感動作、『カーズ/クロスロード』が7月15日に日本公開となる。本作で大きな感涙ポイントとなるのが、マックィーンとドック・ハドソン、そしてトレーナーのクルーズとマックィーンの間にある師弟関係だ。

本作では、これまで活躍を続けてきた主人公マックィーンが次世代のレーサーたちの台頭により、大きな挫折を経験する。そして「夢の続きか、それとも新たな道か」という彼の“人生の岐路”が描かれる。そこで注目したいのが、マックィーンを中心とした師弟関係。これまでも、こうした師弟関係は、『グラン・トリノ』や『ミリオンダラー・ベイビー』といった、クリント・イーストウッド監督の感動作の中でも描かれてきた。本作で描かれる師弟関係は一般的なものとは少し異なり、技術を伝えるのではなく、対話や助言を通して自ら気付きを促すというもの。そのため、師匠の弟子への思いや伝えたかった重要なことに気付いたとき、それが観客に感動の涙を誘う。

本作のプロデューサー、ケヴィン・レハーは、「観客に伝えたいメッセージは、師弟関係についてなんだ」と語った。第1作『カーズ』で、マックィーンはドック・ハドソンから“レースに大切なのはスピードだけではない”ということを学んだ。今回マックィーンはドックの故郷を訪ねることで、ドックにとって彼を指導するということがどんなことだったかを知っていく。そして、旅をしていく中で、マックィーンとクルーズとの間にも師弟関係が生まれ、“レースに大切なのはスピードだけではない”ということに気付いていくクルーズ。

『カーズ』1作目もドックとマックィーンの師弟関係が感動を呼んだが、本作ではそれを更に掘り下げ、彼が師匠になっていく姿を描いている。「仲間の期待に応えるため、再起をかけて走り続けるのか、それとも新たな道を進むのか」という“人生の岐路”に立たされたマックィーンと、クルーズの師弟関係が、彼の最後の決断に繋がっていく…。イーストウッド作品並、いやむしろ掘り下げた分イーストウッド作品越え!?の号泣必至のラストが待っている。

■『カーズ/クロスロード』
2017年7月15日(土) 全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c) 2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.