チュウォン&オ・ヨンソ主演「猟奇的な彼女」視聴率11.4%で同時間帯1位で終了…有終の美

写真拡大

SBS「猟奇的な彼女」が有終の美を飾った。

19日、視聴率調査会社のニールセン・コリアによると、18日に放送された「猟奇的な彼女」は9.6%、11.4%の視聴率を記録した。これは前回の放送(8.9%, 10.2%) より0.7%、1.2%ずつ上昇した数値だ。

この日「猟奇的な彼女」は幸せな結末を迎えた。ヘミョン姫(オ・ヨンソ) は母親である廃妃ハン氏の恨みを晴らし、キョヌ(チュウォン) と再会した。キョヌはヘミョン姫にプロポーズしたが、へミョン姫は清で勉強したいからと断った。1年後に戻ってきたへミョン姫は「結婚しよう」とキョヌに抱かれた。

「猟奇的な彼女」は同名の映画を原作にした朝鮮版ラブコメディで、チュウォンとオ・ヨンソのロマンス演技が輝いたと好評を受けた。

同時間帯に放送されたMBC「王は愛する」は6.0%、KBS 2TV「学校2017」は4.2%の視聴率をそれぞれ記録した。