CNBLUE イ・ジョンシン「猟奇的な彼女」放送終了の感想を語る“演技者として一歩成長した気持ちだ”

写真拡大

歌手兼俳優のCNBLUE イ・ジョンシンが、SBS月火ドラマ「猟奇的な彼女」の放送終了の感想を伝えた。

イ・ジョンシンは19日、所属事務所であるFNCエンターテインメントを通じて「『猟奇的な彼女』は、多様なことを経験してみたくて挑戦した作品だった。それくらい特別な覚悟と責任感を持って出演し、より記憶に残る作品だ」と伝えた。

彼は「共演した素晴らしい先輩と後輩、同僚の俳優たち、監督、スタッフの方々のおかげで無事に終えることができ、そのおかげで演技者として一歩成長した気がする。心から感謝する。そして最後に今まで愛し、応援してくれた視聴者とファンの方々にも感謝の挨拶を伝えたい。今後、より努力して成長した姿を見せることができるように最善を尽くす」と話した。

イ・ジョンシンは「猟奇的な彼女」で監察部従事官カン・ジュニョン役を演じ、風変わりな魅力をアピールした。劇中、イ・ジョンシンは心強い忠臣としてカリスマ性を披露したが、片思いの相手であるヘミョン王女(オ・ヨンソ) をいつも後ろで見守る純情な姿を見せるなど、朝鮮版“あしながおじさん”のキャラクターで視線を引き付けた。

また、イ・ジョンシンが所属するグループCNBLUEは、アジアツアー「2017 CNBLUE LIVE [BETWEEN US]」を開催し、アジア全域でライブ公演を行っている。