ジャック・ジョンソン 4年ぶりとなるNEWアルバム発表

写真拡大

 ハワイ出身のシンガー・ソングライター ジャック・ジョンソンの4年ぶりとなるニュー・アルバム『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』が、9月8日に発売される。今回、同アルバムから「マイ・マインド・イズ・フォー・セール」が先行配信され、アルバムの予約注文もスタートした。

 ジャック・ジョンソンは、ハワイ・オアフ島のノースショアに生まれた42歳のシンガー・ソングライター。2014年のフジロックフェスティバルではヘッドライナーとして出演し、見事最終日のメインステージで大トリを務めあげるなど、ここ日本でもなじみの深いアーティストの一人だ。『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』はこの1年で彼が拠点とするハワイのスタジオでレコーディングされ、17年前に彼が発表した4曲入りの作品を想起させるように、十何年以上ぶりにほとんどの楽器を彼自身で演奏してレコーディングされた作品。

 「このアルバムは、ここ数年僕の心の中にあった何かをみんなと共有するような作品だ。ここ最近経験した様々な体験に着想を得て楽曲の数々が作られている。普段ならアルバムのレコーディングの準備が整ってからちゃんと曲を書くんだけど、今回はインスピレーションを受けた時に書いたものがそのまま完成系として収録されてるんだ。生々しい楽曲の持つ“魂”みないなものを失いたくなかったんだよ。」と、今作についてジャックは語っている。

 これから始まる世界ツアーも各会場で売り切れが続出するなど、アルバムに向けて勢いを加速させているジャック・ジョンソン。今後の彼の活躍に要注目だ。

◎リリース情報
アルバム『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』
2017/9/8 RELEASE
<CD> UICU-1292 2,700円(tax out.)
https://umj.lnk.to/Y2bDi