マルセイユ酒井、元柏の助っ人FWと10年越しの再会 「ロッカールームまで来てくれた」

写真拡大

ドゥンビアとの2ショット写真を掲載、海外で再開する事が出来て嬉しかった」

 マルセイユに所属している日本代表DF酒井宏樹が、プレシーズンマッチで偶然対戦したある相手との“10年越しの再会”を果たして喜んでいる様子を、自身のツイッターで発信している。

 リーグ・アン屈指の名門クラブであるマルセイユは、新シーズン開幕に向けてのトレーニングを着々とこなしている。現地時間18日にはポルトガルの強豪クラブの1つであるスポルティング・リスボンと対戦。酒井は先発出場を果たし、チームも2-1で勝利を挙げるなどリーグ開幕、そしてUEFAヨーロッパリーグ予選に向けて順調な調整をこなしている。

 この勝利とともに、酒井が喜んだのはかつて所属した柏レイソルに所属したコートジボワール人ストライカーとの再会だった。酒井ツイッターに2ショット写真を掲載し、以下のような文章を記している。

「試合後にドゥンビアと。彼がレイソルユースの練習に混じってた頃から10年後、お互いプロになり海外で再会する事が出来て本当嬉しかったです。相変わらず素晴らしい人でわざわざロッカールームまで来てくれました^_^  2-1!contre Sporting CP! Merci a tous(スポルティングCP戦で2-1! ありがとうございます!)」(フランス語訳以外は原文ママ)

今季からスポルティングの一員に

 ドゥンビアは酒井が柏の下部組織に所属していた2006年から07年にかけて柏、08年には徳島ヴォルティスに所属。Jでは珍しいアフリカ人ストライカーとして注目された。その後スイスの強豪ヤングボーイズで頭角を現すと、CSKAモスクワでは日本代表FW本田圭佑(現パチューカ)と同僚に。その後はローマやバーゼルなど渡り歩き、今季からスポルティングの一員となった。

 ドイツを経てフランスへと移籍した酒井と、欧州各国を渡り歩いたドゥンビア。プレシーズンマッチという場とはいえ、かつてともにプレーした仲間と巡り合えたことはお互いにとっても嬉しいものだったことは間違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】酒井が公式ツイッターに投稿した元同僚ドゥンビアとの10年越し再会2ショット

https://twitter.com/hi04ro30ki/status/887421135528140800

酒井が公式ツイッターに投稿した元同僚ドゥンビアとの10年越し再会2ショット