ユーヴェ、シックとの交渉破談を発表…加入目前も、心臓に問題発覚

写真拡大

 サンプドリアに所属するチェコ代表FWパトリック・シックのユヴェントスへの移籍交渉が破談となったようだ。ユヴェントスが公式ツイッターで18日に正式発表している。

https://twitter.com/juventusfcen/status/887377363998306304

 現在21歳のシックは昨シーズン、セリエA初挑戦ながら32試合出場11ゴールと活躍。現地の報道では、同選手とユヴェントスは4年契約を結ぶ見通しで、合意目前と見られていた。

 しかしその後、問題が発生。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道によると、ユヴェントスは、U−21欧州選手権が開催されていた6月にシックのメディカルチェックを行ったところ、心臓に問題が発覚したという。

 今月13日にも再度メディカルチェックを行ったが、やはり心臓の問題が明るみに出ていた。このため、3050万ユーロ(約39億7000万円)の移籍オペレーションは、取りやめとなり、ユヴェントスに移籍しないことが決まった。

 ミラン、インテル、ローマに加え、プレミアリーグ勢も獲得に関心を示しているものと見られているが、来年1月の移籍市場まで、サンプドリアに留まる可能性も浮上している。