犬には鼻毛がない

犬には鼻毛がない?

愛犬の鼻の穴の中をのぞいてみたことはありますか?
みなさんお気づきかと思いますが、実は犬には鼻毛がありません。
ちなみにこの鼻毛、人間に最も近い猿にもありません。ゴリラやオランウータンなどの大きな猿には鼻の入口付近に産毛のようなものがあるようですが、人間のように鼻の穴の中にまで鼻毛はありません。
もちろん犬だけでなく、猫にも鳥にもありません。鼻毛は我々人間特有のものだったのです。

そもそも鼻毛ってなんのためにあるの?

人間しか持っていない鼻毛ですが、その最大の役割は、ホコリや細菌、ウイルスなどを空気と一緒に吸い込んでしまわないようにフィルターのような働きをすることです。
これは人間にとってはとても重要な機能で、鼻毛のおかげで安心して鼻から空気を吸うことができているんですよ。
ちなみに、鼻くそと呼ばれるものは鼻毛に付着したホコリや細菌ウイルスなどが鼻の粘膜から分泌される粘液と一緒に固まったものです。鼻毛があるから鼻くそがあるといえます。
鼻毛は少ない人ほど病気感染のリスクが高くなると言われるほど大切なものなんですよ。

なぜ犬には鼻毛がないのか

犬も含めた他の動物たちには鼻毛が必要なかったため、進化の過程で鼻毛が生えなかったのだと考えられています。

鼻毛はないけどくしゃみで対応

人間にとって鼻毛は健康を守ってくれる大切なものだと前述しましたが、犬には鼻毛がありません。でも、大丈夫なのかな?と心配になりますよね。
しかし、犬やその他の動物たちは、鼻毛がなくたって何の問題もありません。
私たち人間のように鼻毛がない犬の場合は、鼻の中にホコリなどが入ったときは、「クシュンッ」とくしゃみをすることで外に追い出しています。

鼻の穴が小さい

犬も含め、動物の鼻の穴は人間に比べると小さいことが多いです。この小さい穴の中に毛が生えていたら、呼吸が難しくなる恐れがあります。
また犬の鼻の穴は、丸い筒状ではなく細く線のような作りになっています。嗅覚が優れた動物なので、クンクン鼻を良く使いますが、ゴミなどは入りにくい形状になっています。それでも、鼻に異物が入ってしまったら、前述のようにクシュンッとくしゃみをして外に追いだします。

まとめ

人間以外の動物に鼻毛がないというのは驚きではありませんでしたか?
人間にとっては重要な鼻毛、たまに鼻毛をブチンッと引っこ抜いているおじさまがいらっしゃいますが、そういう方には病気予防のため、鼻毛は抜かずにカットすることをおすすめしたいと思います。