ミランダもフローラル!(画像は『Miranda 2017年7月11日付Instagram』のスクリーンショット)

写真拡大

豪出身の超人気モデルにして今年の夏に再婚したばかりのミランダ・カー、そしてウィリアム王子の妻キャサリン妃や人気女優・歌手の多くが、昨年から人気のフローラルドレスに夢中になっている。この女性らしいキュートなトレンドは、しばらく続きそうだ。

【この記事の他の写真を見る】

『VOGUE』では、今年1月にファッションショーで披露された多くのドレスを分析。フローラルプリントが流行するであろうと予想していたが、それが的中したようだ。多くのセレブ御用達有名デザイナーも花柄ドレスなどを手掛け、春から夏にかけて日本のお店でも花柄が多く見られるように。以下の人気セレブ達も、それぞれ個性的ながらフェミニンなフローラルドレスを愛用している。

■ミランダ・カー(モデル)
大変上品な色の生地にフローラルプリントが施してあるが、脇部分のスリットでセクシーさもバッチリ。大富豪(SnapchatのCEO)の新妻らしい品の良さも魅力的だ。

■マーゴット・ロビー(女優)
白ベースの生地に、色とりどりの花などを大胆にプリントしたワンピースを愛用中。ストラップ部分は植物のツタ風という大変爽やかなデザインで、暑い夏もこれなら涼しく元気に過ごせそうだ。

■キルスティン・ダンスト(女優)
普段は地味でシンプルな服が多いキルスティンも、流行中のフローラルはやはり気になっているもよう。今年3月にラスベガスを訪れた際はこのような衣装で、大胆な色は黒リボン、そして裾の黒いラインでグッと引き締めた。よって非常に品が良く見え、女性らしさもうまく引き出されている。

■英王室のキャサリン妃
ポーランドを訪問し、かつての強制収容所を訪問したキャサリン妃。この時に妃が着用したドレスはやはりフローラルだが、胸元を開けず花も落ち着いた色のため、非常に品良く着こなすことができた。またバッグと靴の色も統一し、上手に全体の色をまとめており美しい。

ちなみに『Mail Online』によると、人は着るものから精神的な影響をずいぶん受けるのだそう。たとえば「スーパーマンのTシャツを着ると自信が生まれ強くなった気分になれる」という研究データも出たというから興味深い。今年はフェミニン系の服が売れるというから、街の女性達にも優しい笑みが溢れそうだ。

画像は『Miranda 2017年7月11日付Instagram』、『margotrobbie 2016年8月4日付Instagram「Tonight is for the fans - it's ALL for the fans.」』、『Kensington Palace 2017年7月18日付Instagram「The Duke and Duchess visit Stutthof, the former Nazi German concentration camp in northern Poland,」』、『margotrobbie 2017年6月11日付Instagram「Mornings with my Boo」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)